ページ

2020年10月24日土曜日

MKS SYLVAN TOURING ペダルキャップ紛失とグリスアップ

ルイガノLGS-MV1のペダルを三ヶ島(MKS)のSYLVAN TOURINGに交換してから約1年半、毎日自転車通勤で快適に使っておりました。

LGS-MV1 ペダル交換: MKS SYLVAN TOURING

MV-1に始めから付いているペダルはプラスチック製の普通のペダルです。以前にベアリングにゴミが入り回転が渋くなった際に ...

先日、ふと朝家を出るときにペダルを見てみると、なんと左側のペダル先端にあったキャップが無くなっているではないですか。

キャップ単品をアマゾンで¥461で売っていたので購入しました。さすが三ヶ島ペダル、この部品だけ買えてさらに送料込みでこの値段は素晴らしいです。

早速取り付けしたいですが、その前にベアリングが開放状態で雨ざらしに何度もしているため一度ペダルを抜いてグリスアップします。

ペダルレンチでペダル根元を掴んで13mmのソケットで先端のナットを緩めます。

ナットとワッシャーを抜くと玉押しがあります。下の画像の大きなナット状のものが玉押しです。

玉押しも抜いてペダルを外し、玉も一度全部とります。ベアリング玉は手前、奥とも11個ずつ入っていました。奥側が黒く変色しています。

軸も根元の玉当たり面に黒いグリスがへばりついている状態です。

ペダル根元側も真っ黒です。

先端側はきれいだったので、キャップが無くなり水が侵入したというよりも、根元側のシール隙間から水が侵入してこうなったのでしょうか。

玉、軸、ペダルともパーツクリーナーで洗浄してグリスを詰めてもとに戻します。グリスはWHITE LIGHTNINGの透明を入れています。

玉押し調整は奥の玉押しにはスパナがかけられないため、13mmナットを締めてはゴリゴリ具合を見て少し戻しながら調整しました。確か昔アマゾンで玉押しを固定しながら上のナットを締める専用工具を見た気がしますが最近はもう売ってないのか発見できませんでした。

新しいキャップと専用レンチです。

専用レンチでキャップを締めて完了です。

キャップが外れた原因はおそらく新品取り付け時に専用レンチが嬉しくて一度キャップを開けて、戻すときに締め込みが足りなかったのだと思います。今回はしっかり締めておきました。たまに緩んでいないか増し締めしてみようと思います。

関連記事

LGS-MV1 ペダル交換: MKS SYLVAN TOURING

MV-1に始めから付いているペダルはプラスチック製の普通のペダルです。以前にベアリングにゴミが入り回転が渋くなった際に ...

ブリヂストン クロスファイヤーキッズ オーバーホール計画

3人目の子供が乗るようになったブリヂストンのクロスファイヤーキッズです。リム径18インチの子供用自転車で、鉄フレームで頑丈です ...

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-3

PARKTOOLのふしぎな形をしたレンチを紹介します ...

0 件のコメント:

コメントを投稿

最新の記事

ルイガノ LGS-MV1 中華ライト取付

明るくて目立つ中華ライトを面白半分で購入してみました。 明るいライトが欲しい! 通勤自転車のルイガノ LGS-MV1 は毎日帰宅する夜に乗るわけですが、今までライトにはあまりこだわりが無く、フロントライトは小型の LEZYNE、テールランプは500円くらいで買った安物...

人気の記事