投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

Louis Garneau LGS-MV1 ミニベロブルホーン化 (3)

イメージ
ブルホーンハンドルを取付 現状のフラットハンドルです。 元のフラットハンドル ステムからハンドルを取り外します。 外しました ハンドルを取ったLGS-MV1 ブルホーンをマウント!角度がちょっと変? ブルホーンハンドル仮固定 角度調整できるステムだったので見た目重視、0°に調整します。 ステムは角度調整できます こんな感じかな。。。 ブルホーンハンドル角度調整後 ミニVブレーキ取付 次にVブレーキを外してTektroのミニVブレーキを取付ます。エアブレーキは元々ロード用なので引き代が少なく、引き代の大きいマウンテンバイク用のVブレーキは引けないようです。しかし、キャリパーブレーキはマウントが異なるため付かない。そこでこのニッチな用途に引き代の少ないミニVブレーキというものがあるようです。 フロントVブレーキ(交換前) リアVブレーキ(交換前) フロントミニVブレーキ(交換後) リアミニVブレーキ(交換後) ブレーキの形、質感はTektroのミニVブレーキのほうが好きです。リンクからアーム先端までの距離が短くなるため制動力が落ちます。 ブレーキ&シフトケーブル取り回し ブレーキケーブルとシフトケーブルをテープで仮固定しながらハンドルに這わせていきます。ケーブルは好みのオレンジ色で、シマノより安かったJagwireです。 ケーブル仮固定 Jagwireのオレンジ色 問題のサムシフターとブレーキケーブルの干渉は、下の写真のように無理やり感満載ですが、とりあえずこんな感じになりました。 右ブレーキケーブル エアブレーキはワイヤーテンションの調整ができないのでシマノのアジャスターをケーブルの間に入れます。仮固定が終わった写真です。ハンドルからフレームへの取り回しがあまり美しくないですがアウターケーブルが長すぎたり切りすぎたりで、もう

Louis Garneau LGS-MV1 ミニベロブルホーン化 (2)

イメージ
エアロブレーキが入らない! これがAmazonで500円で購入したブルホーンハンドルバーです。ここまで安くていいの!?という値段でアルミに黒アルマイトの表面処理もきれいです。 500円のブルホーンハンドルバー 早速ハンドルにブレーキを付けようとしたところ、まさかのハンドル内径が小さすぎてブレーキが入りません。 はいらないよー! Amazonでこのハンドルのユーサーレビューを見るとφ19の面取り用ドリルで穴を広げるコメントを見て真似して注文。これが200円くらいで激安で中国から3週間くらいかけて到着しました。 φ19面取りドリル 加工前の内径です すぐにこれで穴を広げようと頑張るものの、切れが悪くなかなか進みません。インパクトレンチ4回充電使い切りやっと5mm程度。疲れて諦めます。 頑張ってこれだけ 仕方なくお高い2,000円近くの超高チップのホールソーをオーダー。500円のハンドルにこれだけお金をかけるのはバカバカしいのですがこうなった以上頑張って穴掘りです。 超高チップ付きホールソー サクッと25mm程度掘り進めました。 加工面はかなりガタガタですがまあいいでしょう。 ものの5分で完了! エアロブレーキ装着! あれ、おかしいな、入らないと思いきや黒いスリーブを抜いたら入りました。Amazonのレビューではぶっ叩いて入れた!なんて記述もあったのでもしかしたらなんとかなるのかもしれません。 こうなっていたのね 入った!ここまで来るのに数週間(主にドリルの中国からの送付待ち) サムシフター取付! ダイアコンペのサムシフター、これだけ一点豪華主義です。だけど、こんどは外形が小さくてスカスカです。Amazonや楽天で見ると小さい内径用にスリーブが付いているとのコメントも見かけるのですがbchariが買ったものは付いてなかったのかな。到着後喜んで即パッケージ開けたので捨ててしまったのかも。。。 あれれれれ とりあえず、ゴム

人気の投稿

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (1.取付編)

キッチン作業台DIY (4) ー 天板ステンレスシート貼り編

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (3.試走編)