投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

Louis Garneau LGS-MV1 ミニベロブルホーン化 (1)

イメージ
何故ブルホーン? 通勤自転車のルイガノLGS-MV1ですが、これまで狭幅タイヤへ交換(20"-1.5→20"-1.35)、チェーンリング交換(48T→38T)とやってきて貧脚でもスイスイ坂道を走れるようになってきました。 ジテツウチャリ ルイガノ LGS-MV1 次はさらに走りやすく+見た目カッコよくしたいと思いネット徘徊しているとブルホーン化という改造を知りこの男気溢れる姿に惚れたのでやってみようと思います。 ブルホーン化事例調査! 大きく分けて4つの方法があるようです。 ブレーキ、シフター流用 エビホーン STIレバー エアロブレーキ+サムシフター 参考 クロスバイクをブルホーン化する場合の基本4形態 クロスバイクを憧れのブルホーン化に!やり方とそのメリットを大公開! この中で見た目カッコよいのは3と4ですがSTIレバー化は7速対応していないと思うので、 エアロブレーキ+サムシフターでのブルホーン化に挑戦することにしました。 エアロブレーキ+サムシフターに決定! さて、アマゾンでパーツ集めです。方針としては安いものをチョイス。 買ってしまいました、ブルホーン化改造部品たち ハンドルはなんと¥538の激安中華もの。ブレーキレバーはTEKTRO ¥3,100×2個で引き代が少なくなるのでVブレーキもショートアームに交換。これもTEKTRO¥1,480×2個。シフターはダイアコンペのENEサムシフターの形に惚れて豪華1点主義で¥6,370。ハンドル先端にブレーキ、シフターが付くのでワイヤーも伸ばす必要あるのでこれはJAGWIREのオレンジとシマノのブレーキケーブルアジャスター、そしてバーテープはEMPTの黒にしました。 次回はこれらを組み付けていきます!外が寒いからなかなかやる気が起きない。。。 関連記事 Louis Garneau LGS-MV1 ミニベロブルホーン化 (2) Louis Garneau LGS-MV1 ミニベロブルホーン化 (3) LGS-MV1 ミニベロ ホローテック化 通勤自転

iCAD SX マウス探しの旅

イメージ
ホイールボタンが押しにくい! 仕事でしばらく離れていた機械図面を書くことが増えてきた。パン、画面拡大など何かと中ボタンを使用するCAD。 左右+中央ホイールボタンに親指進む、戻るの付いた5ボタンマウスを使っていたがホイールクリックがやりづらく使いやすいマウスが無いか探してみました。 求める機能 中ボタンが押しやすい 上にも書いたとおりこれが一番重視する機能です。 長時間使っていて疲れない 今までマウスの重さ、形状、クリック感、フィット感などはあまり気にしたことなかったのですが今回いろいろなマウスを試した結果、結構重要な要素でした。特に重さ! ボタンに割り当てる機能をカスタマイズできる 私の使っているiCADはCAD自体には割当機能がありません。進む、戻るボタンは使わないのでCADのコマンドを割り当てられると嬉しい! カスタマイズがオンボードメモリに記憶できる 会社のPCなので専用ドライバやマウスツールは入れられません。 今使っているマウス BUFFALOのいわゆる普通の5ボタンワイヤレスマウスです。普通に使うぶんには何ら問題ないです。 王道の3ボタンマウス なんだかんだで古くからある3ボタンマウスは使いやすそう。だけどもはや絶滅危惧種の感ありアマゾンで探すとバカ高い3D Connexion社のCAD mouseか安くて古めかしいデザインのマウス2択。安いやつはいくつかあるがどれも出処は一緒そう。 3D Connexion買えばおしまい、よかったよかった、なわけだがさすがにたけぇ!オンボードメモリはあるのかな? 安いほうはそもそも左右中ボタンしかない。親指ホイールあるモデルもあるけど使いにくそう。 ゲーミングマウス オンボードメモリ搭載の時点でゲーミングマウスの、それもごく一部しか選択肢がないことに気づく。しかもゲーミングマウスは応答性重視基本有線だ。でもなんか1msだとか何千dpiでセンサーがなんだとか何百万回耐久のオムロンスイッチだとか調べてると楽しそう。これでCADも速く正確になりそうな気がしてくる。 ということで、以下ゲーミングマウスです。 MMO ゲーミングマウ

Bikke ギヤ比変更(小ギヤ交換)

イメージ
Bchari家の小乗せ自転車Bikkeですが、ケチって電動アシスト無しのモデルです。 坂道の多い地域に最近引っ越したので上り坂が辛くてなかなか乗れてませんでした。何とか坂道を楽にできないかと思い調べてみた。 (1) 外装6段化 やれないことはなさそうだけどテンションプーリーを付けたり大変そう。スプロケットの汚れも気になりそう。 (2) 内装8段化 お値段高い&重いけど外装6段よりママチャリ感があって良い。が、内装3段とはエンド幅が異なる。無理やり広げた例も見つけたけどさすがにそこまでする勇気はない。 (3) チェーンリング交換 Bikkeはクランクと一体物なのでクランクごと交換になる。一体物は安いけど作りがチープで改造する気がおきない。 (4) 小ギヤ交換 小ギヤは500円程度で買えるし一番簡単そう。 ということで、(4) 小ギヤ交換で自転車改造にチャレンジしてみました。 チェーンカバー外したの図 とりあえずスタンドを外しミノウラのロードバイク用スタンドに乗せチェーンカバーを外します。スタンドはこんなに重いママチャリを乗せることは多分想定していないのでいっぱいいっぱいで安定感がありません。でもこのクソ思いBikkeを逆さまにするのは大変なのでこの状態で倒れないよう注意しながら作業します。 チェーンをカット チェーンはジョイントリンクは使われておらずピンで連結されていた。どこがジョイント部かわからなかったので適当な場所でチェーンカッターを使いピンを抜いてチェーンを外します。 チェーンテンショナー、ブレーキと外していきます。ブレーキはローラーブレーキでした。さすが、ブリヂストンの自転車は高級品です。 ホイールが取れました。 バラバラにしたあとのフレームです。 ここで特殊工具「ロックリングプライヤー」登場!穴の無いスナップリングを外す工具です。車もバイクもいじらないbchariとしてはこのママチャリ小ギヤ外しでしか使わない、もしかすると今回最初で最後の工具かもしれま

iCAD/SX ポップアップメニューの表示

イメージ
iCAD/SXで右クリックしながらドラッグするとお気に入りボックスが表示されアイコンメニューからよく使用するコマンドを登録できます。しかし、アイコンメニューは3次元設計で使用する項目がほとんどなので2次元設計メインで使う場合はあまり役に立つコマンドが登録できません。2次元で使うのは機械部品配置、距離測定くらいでした。 アイコンメニュー ヘルプを読むと「ポップアップメニュー」なるものがあるとのこと。2次元設計モジュールでしか表示されないと注意書きがあります。環境セットアップのウィンドウタブにお気に入りボックスの替わりにポップアップメニューを表示させる設定がありました。 環境セットアップ これでポップアップメニューが表示できました。コマンドメニューのコマンドが登録できるので2次元設計ではこちらのほうが使いやすいですね。ポップアップメニューの項目は環境設定ツールのメニューセットアップから設定します。 ポップアップメニュー しかし3次元でもポップアップメニューが表示されるようになるので3次元設計するときは不便になりますね。iCAD/SXは2次元と3次元のデータが1つのファイルになっていて2次元←→3次元の行き来が楽なのですが、操作インターフェースは2次元と3次元で切り替わってくれるといいのにと思います。 関連記事 iCAD/SX テンキーパッド選び 先日の記事で片手キーボードのことを書きましたが、CAD操作では数字の入力も頻繁に行います ... iCAD/SX パラメトリック部品(2D)の登録 円周上に等分配置されたキリ穴、ねじ穴を描くことがあります。例えば ... iCAD SX マウス探しの旅 仕事でしばらく離れていた機械図面を書くことが増えてきた。パン、画面拡大など何かと中ボタンを使用するCAD ... キッチン作業台DIY (1) ー 設計編