投稿

2018の投稿を表示しています

英式→米式変換アダプター Panaracer ACA-2

イメージ
子乗せ用自転車 bikke にPanaracerの英式→米式変換アダプターを付けてみました。タイヤ空気圧が測れるようになることに加えてポンピングが楽になることも期待。 楽天で537円+送料300円でした。パッケージはこんな感じ。 もともと付いている英式バルブです。キャップと頭のネジを外します。 ねじを外すと中に虫ゴムの付いたバルブコアが入っているのでそれも抜きます。 バルブに真鍮の部品を入れます。 この上からアダプターをねじ込みます。これで完了! 米式バルブ用ヘッド付いたの空気入れでポンピング。軽くなるかなと思ったけどあまり違いはわからなかったです。 ゲージで圧力を測れるのがいいですね。リリース付きなので少し強めに入れておいて40psiに合わせます。 関連記事 ルイガノ LGS-MV1 フロントチェーンリング交換 bchariの自転車、ルイガノのLGS-MV1です。最近、駅まで自転車通勤するようになって家の前の ... 毛馬閘門~北河内サイクルライン~石清水八幡宮 ライド 久しぶりにロードバイクを出してから箕面の山へ2回行きましたが、少し距離を長く乗ってみようと思い毛馬閘 ... iCAD SX マウス探しの旅 先日の記事で片手キーボードのことを書きましたが、CAD操作では数字の入力も頻繁に行います ... ... Bikke 前輪パンク修理 チューブ交換 しばらく使っていなかっ

Permatex RT-8-A Rust Treatment 錆転換剤で自転車の錆を撃退!?

イメージ
雨ざらしのママチャリ、ブリヂストン Bikke です。ちなみに電動では無く子乗せは Yepp を付けてます。 ハンドルまわりなどに赤錆が出てきています。 錆転換剤とは、赤錆を黒錆にするものみたいなのですが、ちょうど黒塗装のハンドルなので黒くなれば目立たないかと思い、試してみます。まずはワイヤーブラシで錆の表面に浮いた粉と白い塗料のようなものが擦れて付いた跡をきれいにします。 そしてこれ、Permatex RT-8-A Rust Treatment。ドロドロで茶色っぽい液体でした。 塗っていきます。15~20分待ち2度塗りします。 一晩経つと、それなりに黒くなった!?でも、赤錆のまま残っている部分もあるし液体が固まって白い膜が作られなんか思ったようにきれいにはなりませんでした。 チェーンカバーにも塗ってみましたがはこんな感じです。赤錆が残っているのがわかります。あと液が固まった部分は白くなり、爪で一生懸命擦ると剥がれますが大変です。 車のボディーには使わないことと注意書きがあったので何となく嫌な予感がしていましたがこんな感じで塗装が白っぽくなり見た目が微妙なためかもしれませんね。この膜を剥がすと下の塗装には侵食無いようなのでそのうち自然に剥がれていくのを期待です。 まあ、あまり、塗装面に使うのはおすすめではないですね。 関連記事 Permatex RT-8-A Rust Treatment ペダルの赤錆を黒錆化 子供用自転車ルイガノ LGS-J12 のペダルのシャフトが赤錆だらけになっていました ... ルイガノ LGS-J12 ハンドル固定ボルトの錆 前に Bikke の同じ箇所のボルトが錆びて、黒色のボルトだったので塗装しましたが、この自転車はハンドル回りがシルバーで、塗装は見栄えがイマイチになりそうです ... ボルトのサビ対策 - ボルト頭をペイント 屋根の無い屋外で雨ざらしで保管しているBikkeのハンドル取り付け用のボルトが錆びてしまいました ... にほんブログ村

Hektor 135/4.5 分解

イメージ
中玉にカビの生えたHektor 135/4.5 を分解清掃しました。 先端のレンズユニットが長いヘリコイドにねじ込まれているので先端を捻ると2つに別れます。 ちょっとわかりにくいですが左下の白い点がカビ。 まず前玉側からはずそうとゴムでリングを押さえ緩めます。 取れました。が、このリングが前玉を固定しているのではないようです。シルバーのリングと、内側に細く黒いリングが見えます。 とりあえず絞りリングを外してみると、シルバーのリングも緩めれば取れそうに見えるのですが緩めようとしても回りません。 ここで前玉側は諦めて後玉から分解を試みます。後玉を止めているリングはカニ目で回せます。 後玉が外れました。ここで中玉のカビは後側だったのでこのままアルコールで拭き上げきれいになりました。 にほんブログ村

ルイガノ LGS-MV1 フロントチェーンリング交換

イメージ
ROCKBROS オーバルチェーンリング bchariの自転車、ルイガノのLGS-MV1です。最近、駅まで自転車通勤するようになって家の前の激坂が辛い。ギア比を変えて楽に坂を登れないかということでフロントチェーンリングを交換してみました。 愛車LGS-MV1 上の画像が交換前。ちなみにブレーキ&シフトケーブルをオレンジ色に、タイヤを20X1.5から20X1.25にしています。 チェーンリング 48Tでした チェーンを切りクランクからチェーンリングを外します。 ミッシングリンクなので外すの簡単 チェーンリングのボルトを外す六角レンチとペグスパナ ペグスパナは無くてもよかったかも。。。 両側プレートがチェーンリングをサンドイッチしてます これが新しいチェーンリング ROCKBROS 楕円形の38T、Amazonで購入。 説明書とか何もありません 見た目はなんかカッコいい! 何も説明無いので向きは??となりましたが、楕円チェーンリングの有名どころROTOR Qリングを検索するとどうやらクランクアームが4時の方向で最大径で引っ張るようにすると良いみたい。 いや、どう見ても3時です。180°ずらしても同じに見えます。調整代もないのでまあ、これでいいか。本当はチェーンリングをクランクの手前側に付けたいのですが、元が手前からバッシュガード→クランク→チェーンリング→奥のバッシュガードとなっていたため手前にチェーンリングを付けるとチェーンの芯が出ないので仕方なくこの状態に。 ボルトもアルミの黒に換えましたがシルバーにしておけばよかった。。。 歯数が減ったのでチェーン2コマカットしとりあえず完成! 家の前の激坂はかなり楽に登れるようになりましたよ。楕円の効果は、、、なんだかよく分かりません。 オマケ: 今回、ついでにアマゾンで評判が良かった「チェーンを繋ぐ際にチェーンを引っ掛けて仮