Hektor 135/4.5 分解

中玉にカビの生えたHektor 135/4.5 を分解清掃しました。

先端のレンズユニットが長いヘリコイドにねじ込まれているので先端を捻ると2つに別れます。

ちょっとわかりにくいですが左下の白い点がカビ。

まず前玉側からはずそうとゴムでリングを押さえ緩めます。

取れました。が、このリングが前玉を固定しているのではないようです。シルバーのリングと、内側に細く黒いリングが見えます。

とりあえず絞りリングを外してみると、シルバーのリングも緩めれば取れそうに見えるのですが緩めようとしても回りません。

ここで前玉側は諦めて後玉から分解を試みます。後玉を止めているリングはカニ目で回せます。

後玉が外れました。ここで中玉のカビは後側だったのでこのままアルコールで拭き上げきれいになりました。

コメント