投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

ダイソン エアタービン ベアリング交換

イメージ
ダイソンのエアタービンが回らなくなった 5年も使用している満身創痍のダイソン DC47 買ってから5年になるダイソンDC47のエアタービンが回らなくなりました。完全ロック状態で手でも回らない感じです。ネットで調べると結構バラしている人いますね。大体はゴミを除去すると回るようになったというような情報です。 ばらしてみる ばらし自体はネットで↓のサイトのような感じでやっていきます。TORXねじが使われているため、TORXドライバーが必要です。サイズはTX8とTX10でした。 Dyson DC26 タービンヘッド 分解清掃 バラバラのタービンヘッド ベアリングがゴリゴリに 回らない タービンヘッドの駆動は、吸引口にあるファンを風の力で回し、上写真の手前に見える白いギアに動力を移し減速します。ギア軸の反対側はタイミングブーリーが付いていてタイミングベルトでさらに減速しつつ、右上のブラシを回すカップリングを回転させます。このカップリングがガチガチで回りません。 反対側はこうなってます 多分↑で紹介したリンクの内容のようにベアリングに髪の毛などのゴミが溜まっているのでしょう。カップリングを外そうとしますが引っかかりが無く、とても硬く軸に圧入されているので苦労します。最終的に傷付くの覚悟でウォーターポンププライヤーで挟んで無理やり引っこ抜きました。 カップリング部分を分解 ↑は分解しベアリングを抜いた画像ですが、実はベアリングは壊れてサビサビのゴリゴリ状態で、髪の毛が渦巻き状になったゴミが挟まっていました。ギョエーとなるあまりにも汚い状態だったので写真撮り忘れてしまいました。 ベアリング交換 ベアリングが壊れていたので、新しいベアリングを購入です。シールに606RSと書かれているのでアマゾンで検索するとuxcellから1個500円程度でバラ売りしています。送料無料で嬉しいですが、届くまで2週間くらいかかりました。 カンボジアから届いたベアリング なんとカンボジアから発送のようです。 組み立て ベアリングを入れます あとは新し

スバル エクシーガ クロスオーバー7 バッテリー交換

イメージ
購入後3年経ったエクシーガ クロスオーバー7のバッテリー交換 スバル エクシーガ クロスオーバー7 ディーラーの車検ではまだバッテリー交換不要で次の点検の際にでもということでしたが、値段を調べてみるとびっくり、アイドリングストップ車のバッテリーは高いんですね。Q-85という種類でディーラーやカー用品店で買うと3万後半はする。Amazonで見てみると半額程度なので自分で交換してみることに。 バッテリー交換ひ必要なもの Amazonで買いました バッテリー Caos Q-100 / パナソニック 製品延長保証キット (バッテリー寿命表示) / パナソニック 絶縁スパナ 10mm / SIGNET メモリーキーパー / エーモン アルカリ単4電池 4本 バッテリーはパナソニックのCaosでQ-100という種類。Q-85と同じ大きさで容量大きい版みたいです。その他、製品延長保証キットというバッテリーの寿命をLEDで知らせてくれてかつ1年保証延長してくれるというもの、交換時のショートが怖いので絶縁スパナ10mm、メモリーキーパーと単4電池も買いました。 では、交換作業です メモリーキーパー まずメモリーキーパーは単4電池6本入れます。ODBIIコネクタで接続するタイプです。 ODBIIコネクタの場所 ODBIIコネクタの場所はハンドルの下にあります。 ODBIIコネクタ 上の画像の中央黒いコネクタです。ここにメモリーキーパーを繋げます。 メモリーキーパー メモリーキーパー本体は外から見えるようフロントガラス前に置いておきます。バッテリーのコネクタを外してから30分以内に作業を終える必要があるので少し焦ります。 ボンネットの中 ボンネットを開けると右側にバッテリーが見えます。 バッテリー部 バッテリーは金具で固定されているのでまずこれを外します。 手前側のナ

人気の投稿

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (1.取付編)

キッチン作業台DIY (4) ー 天板ステンレスシート貼り編

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (3.試走編)