投稿

5月, 2021の投稿を表示しています

Bloggerのフィードからブログカードを一気に作成(1)ーHTMLのテンプレートとCSSを準備ー

イメージ
ブログ内に関連記事やおすすめの記事などのリンクを入れる際に、画像、題名、要約をまとめてブログカードにすると見栄えがよいですよね。はてなブログにはブログカード作成機能があったりします。WordPressだとプラグインで実現できるのでしょう。 Bloggerでは、「人気の投稿」ガジェットでアクセス数の多い上位数件をブログカードみたいに表示してくれる機能はありますが、特定の記事を自分で選んで作成するには使い勝手が良くありません。外部サービスの Embedly を使うとかなりいい感じの見栄えでブログカードを作ってくれますが、外部JavaScriptを読み込んで、Webフォントとかも読み込んだりするので自分でHTML+CSSで作ることにしました。 HTMLはこんなかんじにします。 <article class="blog-card"> <a href="リンク先URI" aria-label="タイトル"> <img src="画像" width="160" height="90" alt="thumbnail" loading="lazy"/> </a> <div class="text-contents"> <h3 class="title"> <a href="リンク先URI"> タイトル </a> </h3> <p> 要約(本文の始めの数十文字) ... </p> </div> </article> 下記のCSSをBloggerのテンプレートに追加して体裁を整えます。テーマの「HTMLを編集」で、CSSの最後の方に下記を書き加えます。 display:flex; でFlexboxを使い画像とタイトル+要約を左右に並べるのと、モバイルでは要約を表示しないのがポイントです。ブ

JR福知山線廃線敷ハイキング

イメージ
兵庫県西宮市の武庫川沿いにかつて機関車が走っていたJR福知山線の廃線敷がハイキングコースとして一般開放されています。全長4.7kmで線路の枕木が残っていたりトンネルに入ったりとなかなか面白いハイキングコースでした。 アクセスとハイキングコース JR福知山線西宮名塩駅から武庫川沿いに武田尾駅まで歩きます。武田尾駅から電車で1駅、西宮名塩駅に戻りました。電車でアクセスしてもよいですし、車の場合は西宮名塩駅、武田尾駅とも駅前に駐車場があります。歩く方向はどちらでも良いですが西宮名塩駅からスタートする人が多かったです。 にしのみや観光協会のホームページ からマップをダウンロードできます。 注意事項 真っ暗で長いトンネルがあるのでので懐中電灯が必要です。落石注意の看板があます。通行者の自己責任が原則との注意喚起がなされています。詳しくは にしのみや観光協会のホームページ を参照ください。 西宮名塩駅からスタート エコナールなじおの駐車場に車を停めてスタートです。名塩駅前は意外と栄えています。 方向が良くわからず迷いましたが、駅の改札を見て左手の階段を登りスタートです。 階段を登り、ロータリーを左に出て細い道に出て道沿いに進んでいきます。 廃線敷への入り口 廃線敷の入り口に着きました。ここから左手に下ります。 下り道の途中、写真中央奥に簡易トイレがありました。トイレはここから、武田尾側の道路に出るまでありません。 下ると早速廃線跡の道です。 廃線敷を歩く 気持ちの良い道を歩いていくと、ところどころ線路の枕木が残っていてテンションが上がります。 右手には武庫川です。連日の雨で水量は多い方だと思います。下は後ろを振り返った写真です。水の色は、、、汚いですね。 真っ暗なトンネル! しばらく進むとトンネルが現れました。北山第一トンネルです。廃線敷には6つのトンネルと1つのトンネルもどきのようなものがあります。 中は真っ暗です。懐中電灯を点けて進みます。かなり長

家族でお出かけ 妙見の森

イメージ
大阪府と兵庫県の境にある妙見の森へ行きました。妙見山660.1mの登山が目的ですが、駐車場から10分くらいで着く楽勝登山です。山頂一帯が日蓮宗のお寺になっています。少し下ってふれあい広場まで行きリフトで菜の花を見ながら戻りました。 アクセス 〒563-0132 大阪府豊能郡能勢町野間中 車の場合は東側の山上駐車場か、西側の黒川駐車場より妙見ケーブルで山上駅まで登ります。公共交通機関の場合は能勢電鉄妙見口駅から妙見ケーブル乗り場まで少し歩きます。 妙見の森マップ 妙見の森マップ のせでん 右上の山上駐車場から能勢妙見山本殿(開運殿)、信徒会館「星嶺」、三角点のある山頂へ行った後に一度駐車場まで戻りふれあい広場まで下っていきました。 山上駐車場 駐車場までの道はすれ違いできない程度に細い場所があります。駐車場は広く、100台以上は停められそうです。4:30閉門なので気をつけましょう。 ロードバイクで来る人も結構いるみたいで、ロードバイクを掛ける台もありました。 妙見小山 駐車場脇にこんもりとした山があります。 Googleマップでは妙見小山と書かれているので登ってみます。階段になっています。 山頂はすぐに着き、芝生になっていて開けています。鹿のフンがけっこうありました。 山頂からの眺めです。特に何も無いので下ります。ちなみに三角点のある本命の妙見山頂は展望ゼロなので眺めの良いのはこちらです。 妙見山 妙見山の入り口です。 鳥居をくぐります。 馬の銅像がありました。 階段が続いていますが、右に山道があったので右に入っていきます。この道は裏側へ巻いていく道だったのでそのまま階段を登るのが正解でした。 山道です。少し登山の雰囲気を感じることができます。 本殿(開運殿)に着きました。裏側から来た形になりました。 上へ登る階段があります。