投稿

4月, 2019の投稿を表示しています

ルイガノ LGS-J12 サドル張替え

イメージ
子供用自転車のルイガノLGS-J12のサドルを張り替えてみました。 革シート張りのLGS-J12 張替え前のLGS-J12です。ブレーキアウターケーブルをオレンジに、チェーンをレインボーチェーンに換えています。シートもなんとなくカラフルにできたらと思い、張替えに挑戦です。 シート張替え前のLGS-J12 購入時に付いていたサドルです。ルイガノのロゴが入っています。裏面はホチキスで止まっています。 標準のサドル アマゾンで適当に買った革シートです。いちおう本革のようです。 革 とりあえず、ホチキスを外してシートを取りました。中身はスポンジのウレタンフォームみたいなものでできています。一部接着剤で貼られていました。 シートを取りました 革のシートを適当に切りながらサドルの形に合わせていきます。 シートを切って形を合わせます 革を引っ張りながらサドルの形に合わせていき、つなぎ目を裁縫します。革の縫い方や必要な糸、針はYouTubeで検索して見よう見まねでやってみます。 革を縫い合わせます 先端を縫い合わせたら端を折り返して接着剤で貼り付けます。端部だけでなく、シートの座面にも接着剤を塗りました。接着剤が固まるまでせんたくばさみで固定します。 シートを接着中 固定できたらこんどは後ろ側のつなぎ目を縫い合わせます。 クロスステッチで縫い合わせ さらに接着し固定します。 せんたくばさみだらけです ちなみに使用した接着剤はGorilla Glueというもの。硬化までの時間が長く、動かないよう固定が必要ですが、発泡して隙間を埋めてくれ、接着力はかなり強力です。 Gorilla Glue 硬化したらせんたくばさみを外して完成です。ちょっとシワになってしまいましたが、初めてにしては上出来です。 前から 後ろから シ

FUJI ACE24 スタンド取付

イメージ
FUJI ACE24 子供用自転車にスタンドを付けました 子供の自転車にFUJI ACE24を買いましたがスタンドが付いていないのでAmazonで購入。自分で付けてみました。 FUJI ACE24にスタンド取付 そこそこ本格的なロードバイク FUJI ACE24は24インチの子供用自転車とはいえ、かっこよいアルミフレームにマットな黒塗装、ドロップハンドルエアロスポークと子供用としてはかなり凝った作りのロードバイクです。 ペダルは付属、スタンドは無し この価格帯の大人用クロスバイクや大抵のロードバイクと同様、スタンドは付属していません。ペダルは標準でプラスチック製のものが付いていました。普段使いではやはりスタンドが必要です。 スタンド無しのFUJI ACE Amazonでスタンドを購入しました 24インチから対応で安いものを選定。1,000円くらいでBiGOという聞いたことのないロゴがついています。塗装に凹凸がありボルトのメッキも剥がれてきそうな感じですが実用上問題ないでしょう。 Amazonで買ったスタンド スタンドの取付 自転車のステーを挟み込んで六角穴付きボルト3本でクランプするだけです。 クランプ部分 ステーを挟んで固定します スタンドの長さはスライドで調整できるようになっているので適当な長さにしてボルト1本で固定します。 スタンドが付きました 長さ調整のボルト 取付後の全体です。スタンドが大きく主張している見た目になりました。結構安定しているので実用的かと思います。 安定感があります Fuji ACE24は子供用とは思えないくらいかっこいいです。 Fujiのロゴがカッコいい 関連記事 Fuji ACE24 前輪パンク修理 子供用の自転車 Fuji ACE24 の前輪がパンクしたのでチューブ交換し修理しました ...

LGS-MV1 ミニベロ ホローテック化

イメージ
ボトムブラケットの種類とホローテックII ホローテック化したLGS-MV1 通勤自転車のミニベロ ルイガノ LGS-M1をホローテック化してみました。 ホローテック化のメリット シマノ公式サイトによると「剛性と軽量性の高次元バランス、そして優れた回転性能」とか書いてあります。 コッタレス式ボトムブラケットに比べてベアリングがフレームの外に配置されるためベアリング間距離長く、右側クランクとシャフトが一体構造でシャフト径も大きいので剛性が高く、漕いだ時の力が逃げにくいのがメリットと思います。 必要なもの ボトムブラケットはシェル幅の確認とクランクセットも交換が必要です。 ホローテックボトムブラケット シェル幅68mmと70mmがあります ホローテック用クランクセット クランクも交換必要です 特殊工具もいくつか必要です。 ボトムブラケット工具 コッタレスクランク抜き工具 チェーンカッターかミッシングリンク外し工具 交換してみました 交換前のボトムブラケットとクランクです。スクウェアテーパ軸にクランクを差し込むコッタレスタイプで、一般的なママチャリ用のカップ&コーン式では無く、少し世代の新しいカートリッジ式ボトムブラケットが付いています。 カートリッジ式ボトムブラケットとコッタレスクランク まずチェーンを外します。KMCのミッシングリンクを使っているので簡単に外せます。 ミッシングリンクを外します クランクを外していきます。クランクのキャップボルトを六角レンチで緩め外します。 クランクのキャップボルト キャップを外すとクランクの□穴にボトムブラケットの軸が入っているのが見えます。テーパが付いているので簡単に抜けそうですがかなり固いのでコッタレスクランク抜き工具という専用工具が必要です。 キャップボルトを外したクランク コッタレスクランク抜き工具です。シマノ純正です。 コッタレスクランク抜き工具 外側のネジをクランクにねじ込み固定し、内

人気の投稿

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (1.取付編)

キッチン作業台DIY (4) ー 天板ステンレスシート貼り編

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (3.試走編)