投稿

川遊びスポット 丹生川上神社

イメージ
暑い夏は海も良いけど、清流での川遊びも楽しいですね。ここ近年は毎年東吉野村のたかすみ温泉ややはた温泉で川遊びをしましたが、途中にある丹生川上神社が気になっていました。調べてみるとここでも川遊びができるみたいなので行ってみました。 アクセス 大阪方面から、南阪奈道路から国道165を東へ行き、橿原市の藤原宮跡を越えて国道166との分岐で国道166に入ります。 国道166を南東に進み宇陀市を越えて県道16号、220号と南に進み高見川沿いに日裏川、四郷川との出会いで左手に神社があります。道路沿いに目立つので見逃すことは無いと思います。 駐車場 参拝専用駐車場と川遊び用の駐車場があり、川遊び用は13台程度とあまり多くありません。到着が15時と遅かったので入れましたが、朝ゆっくりくらいの到着だと入れないかもしれません。 駐車料金は¥1,500と少し高い印象ですが、神社1300年前からあるという歴史ある神社への参拝を兼ねると思えば安いものでしょうか。 丹生川上神社について 丹生川上神社の成り立ちについて、 公式ホームページ によると、奈良時代、1300年前に建てられたようです。 今を去る事1300年余り前、第40代天武天皇白鳳4年(675)「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」との御神教により、創祀せられました。 しかしながらその後所在不明となり、明治時代に再調査がなされた結果、大正11年にこの神社が丹生川上神社とされた経緯が書かれています。 神社境内 写真が一番大きな建物、拝殿です。この奥の階段を登ると本殿があるようですが、登ってよいのかよくわからず、ここから見るのみにしました。 拝殿横に叶えの大杉という大きな杉があります。目の前に絵馬がかけられています。 高見川で川遊び 神社から道路を渡ると高見川が見下ろせます。 きれいな清流です。駐車場が狭いためか人はあまり多くなく広々とスペースが使えそうです。 階段を降りると河原に出ることができます。

初心者がGoogleアドセンスを初めて2回目の振り込みと買ったもの

イメージ
2018年10月にブログを始め収益が8,000円に達し1回目の振り込みまでなんと2年半がけでしたが、先月やっと2回目の振り込みがありました! 1回目の振り込みから2回目までは何ヶ月かかった? 初めて8,000円に到達するまで2年半もかかったわけですが、各月ごとに記事数も少しずつ増えていくのでアクセス数、収益も基本的には右肩上がりで上昇していきました。 なので、8,000円に到達するまで今回は3ヶ月と初回に比べると相当速くなりました! 2回目の振り込み額は? 3ヶ月の収益の合計は、¥11,632でした。前回の¥8,469よりも増えています。 収益で買ったもの せっかくなのでこのブログのテーマに合ったものを買おうと、キャンプ用品であるといいなと思いながら必需品でもなくお値段もそれなりにするため入手できていなかったもの、「ランタンスタンド」を購入しました! 数ある製品の中で、価格がそれなりにするものの、鉄板のスノーピークのランタンスタンド、パイルドライバーです。 夏休みに使ってみて使用感をまたレビューしたいと思います。 次の目標は? 毎月¥8,000超えの収益を発生できるようにして毎月入金があり、それでキャンプ用具や自転車用品を買ってブログにアップ、さらにアクセス数を増やすというわらしべ長者的な展開になるといいですが、もう3年も続けているので過去の人気記事がアクセス数低下するなど頭打ちになってきているのが現状です。 まあ、もともと期待していなかったのがワンチャン収益が発生してきた!という程度なのであまり気にせず気長に続けていこうとおもいます。 収益を出すコツ この程度の収益で人様にアドバイスするのも何ですが、収益を出すコツについて書いてみます。アドセンスははじめのうちはなかなか収益が出ず、やめてしまいがちですが、私のようなあまり特別な能力が無い人が収益を発生させるためにとにかく必要なのは記事数と時間だと思いました。 総務省による 「ブログの実態に関する調査研究」 (2009年)では、ブログを始めてから1年後も続けている人が30%、3年後だと3%という数字もあります。 アフィリエイトマーケティング協会の調査 では、全体の約半数が収益なしまたは¥1,000という調査結果もあり、地道に継続さえしていれば月数千円程度は稼ぐことが

琴引浜海水浴場 -日本海のきれいな海、琴引浜で小魚を見て遊ぶ-

イメージ
我が家の暑い夏の楽しみは海水浴。鳴き砂で有名な琴引浜海水浴場に行ってきました。駐車場がすぐ満車になってしまうので前日海辺の 砂方オートキャンプ場でキャンプ をしてから早朝着でなんとか入ることができました。最高にきれな海と砂浜が広がる日本海屈指の海水浴場です。 アクセス 大阪、京都市方面からは京都縦貫道の終点、京丹後大宮ICから北へ25分。 駐車場 駐車場は下のマスを数えると86台でしょうか。もともと人気のある海水浴場であるうえ、去年、今年とコロナの影響でこの駐車場右にある臨時駐車場は閉鎖されており、琴引浜東端にある「琴引浜遊海水浴場」も閉鎖されているため、休日朝9時頃には満車になってしまいます。満車の場合は他にもきれいな海で遊べる海水浴場はたくさんあり、たとえば西の八丁浜が駐車場も広くおすすめです。 シャワー シャワーは駐車場の売店隣に水の出る無料シャワーが2個あります。有料で温水の出るシャワーもあります。 キャンプ場に前泊し朝8:30頃到着、既に車多し 海水浴シーズンの休日は朝9時頃には満車になってしまうので、 前日砂方オートキャンプ場でキャンプ し、朝は早めに8:30頃到着しました。国道178を東側から来たので、始め浜の東端、「琴引浜遊海水浴場」を目指しましたがなんとコロナ禍で閉鎖、「琴引浜海水浴場」に来ました。満車の場合は国道の交差点に満車の看板と人がいるのですぐに分かります。 交差点に何もなかったので安心して入ると、既に8~9割埋まっていました。この時間でぎりぎりでした、あぶない。ちなみに駐車場は別に臨時駐車場があり、おそらく全部で200台以上は停められそうなスペースがありましたがコロナ禍で臨時駐車場も閉鎖で満車になりやすい状態です。 「琴引浜」の看板 「琴引浜」をネットで検索すると必ず出てくる「琴引浜看板」をとりあえず記念撮影です。 駐車場から下を見るとどこまでも続く海岸が見えます。絶景です。 どこまでも続く砂浜 階段を降りると砂浜です。日本海らしく砂浜からすぐ高台になっているので、砂浜の奥行きはあまりありません。 しかし砂浜はとても長いので臨時駐車場が閉鎖されているこ

砂方オートキャンプ場でシュノーケリングを楽しむ海キャンプ

イメージ
梅雨明けの4連休、オリンピックが始まりましたが我が家は関係なく夏の連休といえば海とキャンプ!ということで京丹後の国道178号沿いにあり、すぐ下が磯の小さなキャンプ場、砂方オートキャンプ場へ行ってきました。 アクセス 京都縦貫道を終点の京丹後大宮まで行き、そこから北へ向かい海沿いを走る国道178号沿いにあります。 予約方法 なっぷ でネット予約しました。予約はネットだけでは完結せず、ちょっと複雑です。 ネット予約をすると、確認の電話がかかってきます。この電話をもって正式予約とのことです。また、支払いは銀行振込で、行く前に銀行振込を済ませておく必要があります。 ちょっと面倒に思えますが、実際にはなっぷでの予約後すぐに電話が来て、サイトの場所や電源、キャンセルに関することなど親切に教えてくれました。また、銀行振込もネット銀行を利用しているのでスマホですぐに手続きできたのであまり手間はかかりませんでした。 キャンプサイト紹介 砂方オートキャンプ場は、全サイトオートキャンプ場で予約制です。道路の脇にある小さなキャンプ場といった感じで道路を挟んで海側サイトと山側サイトがあります。海側サイトは14張りくらい、山側サイトは4張りくらいのスペースしかなく、こじんまりとしています。 海側サイト5,000円、山側サイト4,000円、デイキャンプ2,000円です。各サイト車が1台とテント+タープ1個ずつが設置できる程度のスペースで、車が2台とかの場合は駐車料金が別で2,000円かかります。 a.入り口 海側サイトの入り口は、国道西から来て左側にあります。いちおう看板が出ていますが車1台が通れるくらいの入り口なので注意していないと通り過ぎてしまうかもしれません。道路のすぐ右側が山側サイトで、山側サイトへは各サイトにそのまま入る感じです。 b.海側サイト 入り口の坂を下ると海側サイトです。坂の途中に2張り、下りきったところに残りのスペースがあります。車1台分の駐車スペースとテント、タープ各1個が張れるスペースがありますが詰め詰めで配置されているためサイト全体で見ると窮屈な印象です。 サイトは砂地で結