投稿

西国街道を通り牛地蔵までまったりライド

イメージ
ロードバイクで万博記念公園から西国街道を通り、高槻の神峯山寺入り口、牛地蔵まで往復しました。 西国街道とは 大阪の北摂地方に国道171号に並走するように細い道、西国街道が走っています。江戸時代の街道の名残りのようです。 西国街道(さいごく〈さいこく・せいごく・せいこく〉かいどう)は、江戸時代における街道の1つであり、近世山陽道の別名である。京都から下関、あるいは九州の太宰府までの経路で、律令時代に大路として整備された「山陽道」とほぼ一致する – Wikipedia コース 万博記念公園をスタートし、モノレール豊川駅より西国街道に入り東へ高槻あたりまで進みました。中途半端ですが、牛地蔵というところまで行き、来た道を戻るコースです。 万博記念公園をスタート 自宅より万博記念公園西駐車場前まで自走し、目の前に阪大病院が見えるところからスタートです。万博記念公園は一周自転車用道路があるので走りやすいです。 大阪は緊急事態宣言中で万博記念公園西駐車場は閉鎖され車が1台もありません。 北へ進みモノレールと出会う交差点でモノレール沿いに左へ曲がります。 しばらくモノレール沿いに走ります。 豊川駅より西国街道に入る モノレール豊川駅まで来ました。ここを右に入ると西国街道です。 車道は右折専用レーンがあるので、自転車を降りて横断歩道を渡ります。 細い道ですが車は少ないです。路面は茶色に塗られていて、フラットでなかなか走りやすいです。 郡山宿本陣 ところどころに江戸時代を思わせる古そうな建物がありますが現代的な家とまだらに並んでいるので足は止めずどんどん進みます。 小さな川を越えたりしながらしばらく進むと石畳の道になり、立派な建物が現れました。郡山宿本陣です。昔の宿駅だったようです。 国道171号を渡り勝尾寺川沿いに道が続きます。 道は全体的に狭いですが、ところどころ車1台通れる程度の細さになり

タコス・デ・カルニタスを作る

イメージ
トルティーヤプレスを買ってからたまにタコスを作るようになりました。この前はとうもろこしの粉(マサ)でコーントルティーヤ(tortilla de maíz)を作りましたが今回は小麦粉(tortilla de harina)でやってみます。 具は豚肉をオレンジシュースとスパイスを入れて圧力鍋で煮込みました。 トルティーヤ・デ・アリーナ 小麦粉で作る方法はネットにいろいろ載ってますが、今回は薄力粉と強力粉3:1にしました。英語だとフラワー・トルティーヤ、スペイン語だとトルティーヤ・デ・アリーナ(tortilla de harina)、本場メキシコでは ll の発音が濁るので「トルティージャ」と言います。 レシピ 強力粉 150g 薄力粉 50g オリーブオイル 大さじ 2 塩 小さじ 1/2 熱湯 150g 作り方 強力粉、薄力粉、オリーブオイル、塩をボウルにぶちこんで混ぜます。 熱湯を入れてさらに混ぜます 熱いので手で触れるようになったら手でコネコネしていきます。 3個作りました!ラップにくるんで寝かせます。常温で4時間くらい寝かせました。長時間寝かせたほうが良いみたいです。 いままで焼くとバリバリになってしまったのですが、今回はやわらかもっちりに仕上がりました。 オリーブオイル多め(大さじ 2)、熱湯、長時間寝かせる のが柔らかくするポイントだったと思います! 寝かせたらまるめてトルティーヤプレスで平にします。くっつくのでクッキングシートで挟むと良いです。 トルティーヤプレスは15cmのアルミ製(下リンクの左)を浸かってますが、メイド・イン・コロンビアの20cmで鋳鉄製の本格的なものに物欲を駆られてます。 鉄フライパンで160℃、油をひかずに焼き上げます。これも試行錯誤で毎回適当なのですがクッキングシートを片側剥がし、もう片側はつけたままでフライパンに乗せ、フライパンの上でもう片側を剥がすことで縮み、形崩れを防ぎます。 2回ひっくりかえすと気泡