投稿

2021の投稿を表示しています

パナソニック電動自転車ビビ(VIVI) 後輪パンク修理

イメージ
パナソニックの電動自転車ビビ(VIVI)の後輪がパンクしてしまいました。以前、ブリジストンのBikkeで前輪のパンク修理をしましたが、ママチャリの後輪は外すのが大変です。後輪の外し方とチューブ交換のやり方を記事にします。 必要なもの チューブ (今回は22×1 1/2) 自転車後輪を浮かすメンテナンススタンド等 プラス・マイナスドライバー 15mm, 10mm, 8mmレンチ タイヤレバー ビビ(VIVI)のホイール径は、20, 22, 24インチといろいろあるのでタイヤ側面の記載を見て、サイズを確認しましょう。このタイヤは22×1 1/2です。 メンテナンススタンドが無い場合は自転車をひっくり返す方法もありますが、この種の電動自転車は相当重いので苦労します。 後輪を浮かして固定する まず、重い子乗せ自転車の後輪を浮かせるのに苦労します。子乗せシート、バッテリーを外しましたがまだまだ重いです。ミノウラの鉄製でガッチリしたローダバイク用メンテナンススタンドになんとかクランプできるところを見つけてこんな形に固定していました。 トップチューブが無いので重心を掴むことはできず、重心を掴めたとしても重すぎるので両輪を注に浮かして固定するのは難しいでしょう。前輪は地面に付けた状態です。スタンドもやや斜めに傾いてしまいましたがなんとか固定できました。 後輪を外す 3段変速機のカバーのプラスねじを弛めて外します。 外れました。 ギアを1速にして、ワイヤーを弛ませます。手元で2速、3速と切り替えるとワイヤーが引かれ、後輪シャフトセンターの棒が押されて減速比が切り替わります。 1速の状態で、手でシャフトを押し込む側にブラケットを回転させるとブラケットのU字溝からワイヤーを外すことができます。 ワイヤーが外れたら、シャフトを固定している15mmナットを弛めます。 オフセットめがねレンチがちょうどスタンドをかわしてフィットします。 ママチャリの後輪には泥除けの固定金具、変速用のブラ