三重県の高規格キャンプ場 奥伊勢フォレストピアリバーサイドヴィレッジ

2022年5月14日土曜日

アウトドア キャンプ ファミリーキャンプ 伊勢 三重県

t f B! P L
せせらぎ遊泳場

GWはどこのキャンプ場も予約がいっぱいですが、直前に運良く空きのあった三重県の奥伊勢フォレストピアリバーサイドヴィレッジを予約できたのでキャンプに行きました。お値段の高いキャンプ場ですがその分よく整備された高規格キャンプ場でゆっくりできました。

高速道路は渋滞していそうなので大阪から奈良県の山を超えて三重県に入り、奈良、伊勢・鳥羽の観光も含めた見どころの多い旅行+キャンプを楽しめました。

アクセス

奈良県側から:南阪奈道路新庄出入り口より東へ進み、国道166号で紀伊山地を超え三重県に入り国道422号、県道31号大台宮川線を江馬南交差点を右に曲がる。新庄出入り口より約2時間。

三重県側から:伊勢自動車道 大宮大台ICより約17分。

奈良県側からは一般道が長く大阪からだと高速道路で三重県側に出たほうが早いので伊勢自動車道から行くのが一般的です。今回は途中寄り道しながら奈良県側から入りました。

予約方法

ネットからの予約のみです。 公式ホームページ または なっぷ から予約できます。

サイト自体の料金は普通ですが、大人1名¥2,500、3歳〜小学生まで1名¥1,000追加料金が発生するため大人数だとかなり割高な印象です。その分、管理は行き届いておりゴミ捨て可、温泉も入り放題で、キャンプサイトは広くちらばっているので他のキャンパーと距離がとれ比較的静かなキャンプを楽しむことができます。

キャンプサイト紹介

キャンプサイトは薗川を挟んで東側と西側に別れています。

奥伊勢フォレストピアリバーサイドヴィレッジ マップ

a. 薗川東側キャンプサイト

区画サイト(電源有)、区画サイト(電源無)、フリーサイトがあります。

b. 薗川西側キャンプサイト

受付の宮川山荘から少し離れた薗川西側沿いのキャンプサイトです。わんぱく広場という遊具のある公園を中心にサイトが点在しています。

区画サイト

車の乗り入れができる広々とした区画サイトが2箇所あります。今回は薗川西側のこの区画サイトにテントを張りました。ウッドデッキがあります。

区画サイト

フリーサイト

フリーEast、フリーWestとおおまかに2箇所に分かれており、車の乗り入れはできず近くの駐車スペースに停めます。

フリーサイトといっても、それなりにスペースは取れそうでそれほどギュウギュウになることはなさそうです。下はフリーWestサイトです。

フリーWestサイト

フリーEastサイトです。

フリーEastサイト

c.せせらぎ遊泳場

薗川東側キャンプサイトから薗川へ降りられ、川遊びができます。透明度の高い清流で魚も見られ夏は泳ぐと楽しめそうです。

せせらぎ遊泳場

d.釣り堀

ニジマスの釣りができます。当日は人気で順番待ちになっていたので残念ながら釣りはできませんでした。

e.わんぱく広場

薗川東側キャンプサイトの中心に大きな広場があります。遊具がたくさんあるので小さな子どもには楽しめる広場です。

わんぱく広場

f.炊事場・トイレ

非常にきれいな炊事場、トイレです。炊事場には洗剤があり、ゴミ捨て場も頻繁に回収しておりとてもきれいです。

炊事場・トイレ

g.宮川山荘・奥伊勢宮川温泉

宿泊施設の宮川山荘でキャンプの受付をします。ここに温泉もあり、何度でも入浴することができます。

宮川山荘 宮川山荘ロビー

h.バーベキューガーデン

宮川山荘の裏はバーベキューガーデンになっています。

バーベキューガーデン

i.コテージ

バーベキューガーデンのまわりにコテージが5棟あります。入ったことはありませんがキッチン、バス、トイレ、床暖房完備と快適そうです。

コテージ

初日:奈良県から紀伊山地を超えてキャンプ場へ

観光を含めたキャンプにしたくて奈良県から三重県へ紀伊山地を横断していくことにしました。南阪奈道路を降りて国道166号を東へ進むと中国の都城制を模して造られた日本初の本格的な都城、飛鳥時代の藤原京の中心、藤原宮跡に着きます。

藤原宮跡

建物まで復元されている平城宮跡に比べ、藤原宮跡は広い草原に柱のみが立っているだけです。藤原京への遷都は694年。1,300年前の哀愁が漂います。

柱

潔いくらい他には何も無いです。隣のJAの2階に資料館がありました。

JA

入ってみると小さな部屋でしたが藤原京の大きな模型があり見ごたえがあります。

藤原京の模型

何故か懐かしの「ストリートファイターII」のキャラが出てくる説明アニメが流れます。エドモンド本田とか久しぶりです。

エドモンド本田

子供はすぐに飽きてしまったのですぐに藤原宮跡を後にし、東へ進み次はうだ・アニマルパークを目指します。

うだ・アニマルパーク

ここは駐車場も入場も無料で動物も見られ、大きな滑り台もあったりと小さな子どもにはとても楽しめる場所でした。

牛

このあと紀伊山地に入り、県境を超えて目的地、奥伊勢フォレストピアリバーサイドヴィレッジに到着です。

宮川山荘

広々としたウッドデッキのあるサイトです。

区画サイト

ウッドデッキ用ペグを貸してくれますが、ペグのサイズがウッドデッキの隙間に対して小さく微妙です。

ウッドデッキ用ペグ

まだ水が冷たい川で少し遊び、ご飯を食べて温泉に入り就寝です。

二日目:伊勢、鳥羽観光して帰宅

二日目はキャンプサイトから撤収の後、伊勢神宮に向かいます。駐車場も行列ができ、何とか停められましたがおはらい町・おかげ横丁は人がごった返しています。GWはすごい人出です。

混雑したおはらい町

橋を渡り内宮に入ります。

コロナの影響で柄杓は使えずちょろちょろ水で手を清めます。

ちょろちょろ水

天照大御神を祀る正宮 皇大神宮は撮影禁止なのですね。子供達は長く歩いたせいで不満ぶうぶうでお参りをして赤福を買って伊勢神宮を後にします。

内宮

伊勢志摩スカイラインで鳥羽へ向かいます。途中の宇田展望台からの眺めは絶景です。

宇田展望台

景色を眺めながら赤福餅を食べます。

赤福餅

朝熊山展望台からの眺めも最高です。何故か足湯があり、浸かりながら絶景を楽しむこともできます。

朝熊山展望台の足湯

最後は〆に鳥羽水族館へ入ります。ここも人が多かったですが子どもたちは神社や景色は興味無いのでやっと満足してくれました。

時間があれば志摩方面にも行きたかったのですがここで疲れてきたので欲張らずに帰宅しこんかいのキャンプ旅行は終わりです。

まとめ

奥伊勢フォレストピアリバーサイドヴィレッジは一人あたりの料金が高めなので大人数だと結構金額がかさんでしまいますが、温泉入り放題だったり施設はとてもよく管理されており価格に見合うだけの高規格キャンプ場と言って良いでしょう。清流が流れているので夏は川遊びが楽しそうです。

伊勢から近いので伊勢、鳥羽、志摩の観光を組み合わせても楽しめる場所にあるのでキャンプも観光も楽しめる奥伊勢フォレストピアリバーサイドヴィレッジでした。

関連記事

QooQ