あじさいの名所 京都府宇治市 三室戸寺

京都のあじさいで有名な三室戸寺をご紹介します。

あじさいの名所、三室戸寺とは

京都府宇治市にあるお寺です。その成り立ちは、公式ホームページによると今から約1200年前、光仁天皇の勅願により建てられたお寺とのことです。春は桜、つつじ、初夏はあじさい、蓮が有名な見どころです。

アクセス

住所:〒611-0013 京都府宇治市莵道奥ノ池10−16

車で宇治東ICより南東へすぐ。電車ではJR奈良線宇治駅より宇治橋を渡り東北へ徒歩約26分。

入り口からあじさいが満開

駐車場から山門までの道の両脇にあじさい満開です。

山門をくぐり右手はあじさい園です。

色とりどりのあじさいが咲いています。

子供も見惚れるほとたくさんのあじさいです。

あじさいをかき分けながら入れる道もあり、喜んでいました。

本堂前には蓮の花

あじさい園の奥には本堂です。蓮が少し咲き始めています。

まだちょっと早いですがつぼみもきれですね。

花の茶屋でかき氷を食べる

このお寺の中には花の茶屋があり、おいしいかき氷を食べました。暑いので、お花を見ながら冷たいものが食べられるのはうれしいですね。

まとめ

京都府宇治市にある三室戸寺は、あじさいを見るのにおすすめのお寺です。花の茶屋でゆっくりかき氷を食べながらあじさい観賞はいかがでしょうか?

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

関連記事

コメント