コーヒーミル電動化 (モーター編)

前の記事でインパクトレンチで回したところ音が大きいのでモーターで回すことを考えました。モーターはどの程度の容量を選べばよいかよくわからず、Amazonで適当に物色しとりあえずこんな感じかなとスケッチ。

モーター取付の図

100X200X20mm程度の適当な木をベースプレートとします。

ベースプレート

コーヒーミル底面に下穴を空けてベースプレートにコーススレッドで固定します。

コーヒーミル底面に下穴

モータースタンドは板金で作りたかったのですが、個人では製作先を見つけ見積もり、発注するのは面倒そうなので結局1/2インチの銅管に適当な平板をロウ付けしました。

ロウ付け

ロウ付けに四苦八苦しつつも完成。銅管が結構おしゃれな見栄えとなり満足です。ベースプレートに銅管と同じ径の穴を開け横からコーススレッドで銅管を貫通させて固定しています。

銅管でモーターを固定

モーターはDC24V、ギア付き出力軸30rpmを選定、オルダム式のカップリングでコーヒーミルの軸と接続。コーヒーミル側はネジなのでカップリングに1/4のねじを切りねじ込み+クランプで固定しています。

コーヒーミル電動化

減速比が大きいのでかなりゆっくり回りますが十分なトルクでコーヒーを挽けています。実はモーターは一度DC12V. 60rpmを買って力が足りず失敗しています。DC24V, 30rpmあたりが最低限必要な出力なのでしょう。

コーヒーを挽く

関連記事

コーヒーミル電動化(インパクトレンチ編)

毎朝コーヒー豆をKalitaのコーヒーミルで挽いています。面倒で電動ミルを買えばよいのですが、ふと電動化してみようと思いついたのでやってみました ...

コメント

人気の投稿

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (1.取付編)

キッチン作業台DIY (4) ー 天板ステンレスシート貼り編