2020年4月10日金曜日

PWT インナーワイヤープライヤー

自転車に乗っているとブレーキ、シフターのワイヤーが伸びてきてブレーキの効きが悪くなる、変速がうまくいかなくなってきます。

最近は油圧ブレーキや電動シフターなんていうのも出てきていますが、高級ロード、MTB以外の普通のチャリンコにはまだまだ普及していません。

ワイヤーはボルトやナットで挟んで締めているだけなのでボルトを緩めてペンチとかで引っ張ればよいのですが、やってみるとなかなかうまく引っ張れなかったり、引いたままボルトを締めるのに難儀します。

そこでこの「ワイヤーを引っ張る」だけの専用工具が売られています。

Parktoolを始めとした様々なメーカーから同じような形をしたものが売られていますが、PWTという安くてそれなりに品質も良さそうなメーカーのものを購入してみました。

外観です。

見た目では機能が説明しづらいので写真で説明します。

フロントブレーキに

こんな形でワイヤーをクランプします。

ハンドルを握ると右側がワイヤーを挟み、左側がブレーキ本体を押しながら左右が開くことでワイヤーを引っ張ります。

開いたまま固定できるようになっていて、ワイヤーを引きながらボルトを締めることができます。

自転車のワイヤー引っ張る用途にしか使えませんが、自転車に乗っているとちょくちょく緩んだワイヤーにテンション掛けたくなることが多いので持っておくと重宝する工具です。

関連記事

ルイガノ LGS-J12 メタルリンクブレーキ化

子供用に使っているルイガノLGS-J12。長男、次男から三男へと引き継がれくたくたになりながらも現役です。ついに後輪ブレーキから音鳴りがするようになり、キーキー言うようになってしまいました ...

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-3

PARKTOOLのふしぎな形をしたレンチを紹介します ...

0 件のコメント:

コメントを投稿

最新の記事

Cloudready で Linux アプリを使う

SSD からの起動で快適に使えるようになった Cloudready ですが、アプリはやはり Windows や Linux のネイティブアプリに比べるとブラウザでの操作がいまいち遅かったり、広告が出たりと微妙です。そもそも種類も少ないです。 Chrome OS で Lin...

人気の記事