2020年4月15日水曜日

クロスファイヤーキッズ 錆びたボルトを交換

クロスファイヤーキッズの錆びたボルトをステンレスに交換しました。

外で雨ざらしになっていたので各部錆が出てきています。ペダルは交換しましたがカゴ、チェーンカバー、ハンドルクランプ部のボルトがサビサビです。

ホームセンターでステンレス製のボルトを買ってきました。

カゴとチェーンカバーはM5のトラス小ねじ、ナベ
小ねじでしたが、ネジ頭の薄い超極低頭小ねじというものがあったのでこれにしてみます。

ハンドルクランプ部のM8のボルトは頭が円形でスパナ掛けのない特殊なもので、ホームセンターには似たようなものがなく、普通の六角頭ボルトを使います。

取り外した錆びたボルトです。

カゴは鉄の板で挟んで止められていて、これも錆びてきていたのでワイヤーブラシで浮いた錆を除去してから「メッキカバー」という亜鉛めっき補修用のスプレーを吹いてみました。

一様な面にならず塗りむらが出てますが、遠目にはそれなりにきれいな銀色になりました。

交換後のカゴとチェーンカバーです。

ハンドルクランプ部です。

それなりにきれいになりました。ステンレスと鉄、ステンレスと亜鉛メッキで電蝕が起こるはずなので今後どうなっていくか見ていきたいと思います。

関連記事

ブリヂストン クロスファイヤーキッズ オーバーホール計画

3人目の子供が乗るようになったブリヂストンのクロスファイヤーキッズです。リム径18インチの子供用自転車で、鉄フレームで頑丈です ...

クロスファイヤーキッズ ペダル交換 MKS MT-FT

クロスファイヤーキッズのペダル軸がサビサビなのでペダル交換します。 ...

0 件のコメント:

コメントを投稿

最新の記事

Cloudready で Linux アプリを使う

SSD からの起動で快適に使えるようになった Cloudready ですが、アプリはやはり Windows や Linux のネイティブアプリに比べるとブラウザでの操作がいまいち遅かったり、広告が出たりと微妙です。そもそも種類も少ないです。 Chrome OS で Lin...

人気の記事