家族におすすめの海 和歌山県 西広海岸

コロナ禍の中、今年も梅雨が開けて海水浴シーズンがやってきました。去年は閉鎖している海水浴場が多かったですが、さすがに今年は多くの場所で海開きするようです。

大阪からほど近く、和歌山県の遠浅の海、西広海岸へ行きました。子供でも100m以上進んでも足がつくほど遠浅の海で、家族で安心して遊べます。

アクセス

阪和自動車道、広川ICより西へ車で8分。Googleマップの衛星写真を見ると海岸からかなり奥まで海が砂の色になっていて遠浅であることが分かりますね。

駐車場は¥1,000で40~50台程度でしょうか。お昼頃到着でしたが満車近くになっていました。また、有料のシャワーがあります。

遠浅の西広海岸

駐車場から小川を渡りすぐ海岸です。あいにく天気が悪く、途中で雨が降るような日でしたがそれなりに人は多いです。

写真で奥の方まで立っている人が見え、かなり奥でも推進が大人の膝高さくらいまでというのがわかるとおもいます。

小さな子どもでも足が着いて、無理やり泳ごうと思えば泳げるという深さなので安心して大はしゃぎで遊べました。

海岸は一段少し高くなったところとそのさらに写真右のコンクリートの地面が使えます。駐車場の車に対して十分過ぎる広さがあるのでそれほど密にはならなそうです。

海に向かって右手側は小さな川が流れ込んでいて、その奥には石が多く満潮時でも石をどかすとカニや貝がたくさん採れます。

海に入って100mは進んだでしょうか、海から海岸を見た写真です。

この位置でもなんと膝下の深さ!このあたりだと干潮時には水が引いて砂が出てきます。

海底にはポツポツ穴が空いています。潮が引くとカニがワサワサ出てきます。

奥には魚の姿も

かなり奥まで進み、このあたりだと腰より上、胸の下くらいまで水深が深くなってきます。

潜ってみると、魚が見えました!海はそこまで透き通っているわけではないですが十分綺麗で青色です。

さらに海岸右奥の岩場あたりまでくると、ボラが近くを通り過ぎていきました。なかなかの大きさです。小さなフグも見ました。しかし岩場に小魚が付いているわけでもなく、見たのはこれだけでした。

干潮時にはカニだらけ

4月の写真ですが、潮が引くとここまで海底が露出します。満潮時には写真全体が海の底になります。

今回訪問時は雨が降っていたのとたくさん人が入っていたこともあり透明度は下がっていましたが、人のいない晴れた日だとこんなに透明な海になります。

砂浜は穴からカニが出てきてカニだらけになります。丸い団子状の砂もカニが作ったものなのでしょう。砂浜一帯がこの状態です。

まとめ

和歌山県の遠浅の海、西広海岸は遠浅で小さな子どもでも安全に遊ばせられる家族で行くのにおすすめの海です。かなり奥まで行かないととても浅いため大人が泳ぐには物足りないかもしれません。魚も奥でボラとフグを数匹見ただけで、シュノーケリングとかには向いていません。

関連記事

コメント