淀川右岸~京奈和自転車道で嵐山へ紅葉ライド

京都の嵐山から和歌港まで180kmにもおよぶ京阪奈自転車道。大阪から淀川右岸を遡上し桂川、宇治川、木津川の合流する背割堤から京阪奈自転車道へ入り嵐山まで紅葉を見に行きました。

コース

「ホームレス中学生」に出てくる通称「まきふん公園」こと山田西第2公園をスタート地点として淀川右岸を上流へ進みます。背割堤で天王山大橋を渡り、桂川の左岸→右岸と京阪奈自転車道を北へ進み嵐山まで行きます。帰りは京都・西山三山の一つ、光明寺と長岡天満宮に寄って山田西第2公園に帰るルートです。

フルスクリーン表示

山田西第2公園をスタート

お笑いコンビ・麒麟の田村裕の自叙伝、「ホームレス中学生」がいっとき流行りました。2007年の刊行からかなり時間が立ちましたが、これに出てくる「まきふん公園」が近所にあるということを知り、見物がてらスタート地点とすることにしました。

巻き貝をモチーフにした遊具だそうですが、完全にアレですね。普通に住宅街の中にあり子供も遊んでいました。ここから出発です。

淀川まで

千里丘を超えて淀川の方に向かいます。

途中から北大阪サイクルラインに入りモノレール下を進んでいきます。

鳥飼大橋まで来ました。淀川上をモノレールが通過していきます。橋を渡り淀川左岸に出ると北河内サイクルラインです。左岸は一度通ったことがあるので今回は右岸を走ってみます。(ちなみに川の左右は、川上から川下へ見たときの左右なので登る際は川の左側が右岸です)

鳥飼大橋手前を左手に淀川の堤防への入口があります。

淀川右岸

去年の10月に淀川左岸を走った際はススキが伸びて邪魔でしたがちょうど刈り取られた後のようで見晴らしがよく走りやすい道になっていました。

淀川沿いの道は、土手上と下の2つの道が並行して走っており、途中で下に降りて進みます。河原には淀川河川公園といっていくつもの公園があります。大部分がただの広場ですがサッカーや野球をしたり、スケボーを練習している人などたくさん人がいました。

鳥飼仁和寺大橋、淀川新橋、枚方大橋と3つの橋を越えてしばらく進むと2つの大きな煙突が目印の高槻市エネルギーセンターがあります。

大山崎の山々が奥に見えます。水を飲んで少し休憩し先へ進みます。まだ半分も来ていませんね。

パンク修理とファミマで補給

天王山大橋を渡るため、大山崎駅手前あたりで一度河川敷から国道171へ出たのですが、交通量が多く道路の脇には缶やガラスのようなゴミがたくさん落ちており、走りにくいためまた河原の道へ戻りました。しかし、なにか踏んだのか天王山大橋手前で後輪がフニャフニャする感覚があり、見るとパンクしていました。

歩道の脇でパンク修理です。TREK2.1でのパンクは始めてです。

チューブとタイヤレバー、CO2インフレーターを持っていて良かった!

チューブを引き抜いて確認しましたがどこから漏れているのかわからず。タイヤも何か刺さっているわけでは無かったのでゴミを踏んだせいかはよくわかりませんでした。CO2インフレーターは初めて使いましたが一瞬で空気が入って便利ですね。キンキンに冷えるのもびっくりです。

パンク修理が終わったら空腹を感じ、ちょうどファミマが目の前にあったのでお昼ゴハンにします。

京阪奈自転車道

パンク修理したときにはここで帰ろうかな、、、と心が折れそうでしたが気を取り直して天王山大橋を渡り桂川左岸に出て京阪奈自転車道へ入ります。

京阪奈自転車道は淀川沿いよりも道の凸凹が少なく走りやすいです。また、多くの自転車乗りが走っていました。嵐山方面も、途中で東へ分かれる鴨川方面も京都は見どころがたくさんあるので自転車人口も多いのでしょうか。

桂川が鴨川、西高瀬川と合流するところで府道202号、京川橋と久我橋を渡り桂川右岸へ。右岸は車道が狭くやや走りにくい場所があるので、後で知ったのですが久我橋手前で桂川左岸を進み国道9号の西大橋を渡るのが正解のようです。

西大橋の手前で河川敷に降りる道があるので右へ入り橋をくぐり抜けます。

ここからは河川敷に畑があり、畑の中を進んで行きます。河川敷から再び上がると人が多くなり、渡月橋までもうすぐです。

渡月橋に着きました!京奈和自動車道起点の標識の前で記念写真です。いやー、遠かった。

嵐山

目の前の松尾橋から鴨川を眺めます。だんだん曇ってきて霞みがかっていますが紅葉が始まっていました。

渡月橋はこの通り、とんでもない人混みです。これでは自転車でうろちょろできる感じではないので遠くから見るだけにしておきます。

それにしてもたくさんの人が紅葉の前で写真を撮ったり、川を見たり、お菓子屋さんに列んだりしています。対岸の車道は車が渋滞していました。

紅葉の写真を撮って出発です。

光明寺

帰りはせっかくなので寄り道をして京都・西山三山の一つ、光明寺に向かいます。6月にあじさいで有名な楊谷寺に行った際に西山三山の残りが気になっていたのです。光明寺は紅葉が有名だということで行ってみました。

時期はほんの少し早かったみたいですが、それでも総門の前と御影堂の前はきれいに紅葉していました。

紅葉の間です。まだ少し早いですね。

花手水です。

もみじ参道はまだまだ青い葉が多いですが、きれいに紅葉している木もところどころありました。

長岡天満宮

この後は南へ走り長岡天満宮へ行きます。桓武天皇の勅命で平城京から遷都した長岡京とは関係無いみたいですね。時間も押してきたのでお参りしてさくっと淀川へ急ぎます。

日没の淀川右岸

山崎駅を越えたところで淀川右岸へ入り、日が少しずつ低くなる中、自転車をひたすら漕いで帰ります。だんだん暗くなってきました。街灯は全くなさそうなので夜にはまっ暗闇になりそうです。

鳥飼大橋の1つ手前、鳥飼仁和寺大橋で淀川から抜け市街地を山田第2公園まであと一息。動かなくなる足をなんとか回しながら進みます。

山田西第2公園に到着

ゴールです!90km超えのロングライドでした。

まとめ

京阪奈自転車道の桂川沿いは走りやすい道でした。嵐山は素敵なところですが人が多すぎたのでもう少し早い時間に来られれば自転車でいろいろ回れたかもしれません。淀川沿いもそうですが、川沿いは走りやすく景色も開け気持ち良いので運動には良いですが、京都周辺は神社やお寺が多いので少し寄り道して観光も組み合わせると面白いライドになると思います。

「まきふん公園」も、一見の価値ありです!

関連記事

thumbnail

なにわ自転車道

激安GPSサイコンを XOSS G を買ったので試走を兼ねてなにわ自転車道を走ってみました。正確に ...

thumbnail

北大阪サイクルライン

最近またロードバイクに乗り始めたので大阪の自転車道について調べています。ネット情報では、 ...

コメント