2020年2月22日土曜日

Fuji ACE24 前輪パンク修理

子供用の自転車 Fuji ACE24 の前輪がパンクしたのでチューブ交換し修理しました。

必要なもの

  1. 交換用チューブ 24X1.0
  2. フロアポンプ
  3. 15mm めがねレンチ
  4. タイヤレバー

前輪ホイールを外す

前輪ホイールはクイックリリースではなく、ナットで止まっています。ナットの二面幅は15mmでした。めがねレンチでナットを緩めます。

ナットが取れました。ナットの下には座金も入っています。

タイヤを抜くためにキャリパーブレーキのレバーを上げてブレーキを広げます。

ホイールを引き抜いたところです。フォークをダンボールなどで受けるとフレームは自立しました。

チューブを交換する

まずタイヤレバーをビードに差し込みタイヤを外していきます。

片側一周外したところです。

バルブのナットも外しておきます。

チューブをタイヤとホイールの隙間より引き出し外します。

チューブが取れました。

リムやタイヤ裏側を見てパンクした原因(異物やバリなど)を探します。今回は特におかしなところはなかったのでそのまま新しいチューブを入れていきます。

チューブは一番安かった Panaracer の 24X1 を使いました。

バルブをホイールの穴に通します。

チューブに少し空気を入れるとこの後のチューブ入れが楽になります。バルブ通す前にやったほうがやりやすかったと思います。

タイヤをビード片側はホイールに入れ、もう片側を外した状態で、外した側のタイヤとホイールの間からチューブを入れていきます。

1周分入りました。

ビードをリム内側に入れていきます。

だんだんかたくなっていきますが頑張って手でビードを上げながら入れていきます。半分くらい入りました。

最後はぱっつんぱっつんになります。リムを傷つけないように両手の腹を利用してグッと入れるのがとても辛い、、、

と思いきや、意外とすんなり入りました。

タイヤを取り付けた状態です。

ここで、チューブがタイヤとホイールの間に噛み込むと空気を入れた際にパンクしてしまうので、タイヤとホイールの隙間からチューブが出ていないか1周×両側を目視で確認していきます。

問題なければフロアポンプで空気を入れます。

バルブナットとキャップを取り付けます。バルブが短めで、もともと付いていた長いバルブの方が好みです。

ホイールを取り付け完成

ホイールをフォークに取り付け、ナットを締めてブレーキレバーを元に戻したら完成です。ロードはタイヤが細いのでパンクがつきものですね。

関連記事

パンク防止剤 EVERS スーパーシーラント

幅1インチのロード用タイヤはやはりパンクしやすいため何とかならないかと思っていたところチューブに注入する液体のパンク防止剤があったので使ってみました ...

Bikke 前輪パンク修理 チューブ交換

しばらく使っていなかった自転車、ブリヂストンのBikkeですが、 久しぶりに子供を乗せて出かけようと思ったら前輪がパンクしていました。自分でチューブ交換してみた記録です ...

FUJI ACE24 スタンド取付

子供の自転車にFUJI ACE24を買いましたがスタンドが付いていないのでAmazonで購入。自分で付けてみました ...

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

最新の記事

IKEAのゴミ箱KNODDに車輪を付ける

キッチンのゴミ箱にIKEAのKNODDというスチール缶のゴミ箱を使っています。色、デザインが可愛らしいですが場所をとるため台の下に収納しています。使うときに引き出すのですが、床を摺るしやりにくいのでホームセンターで車輪を買ってきて付けてみました。 裏返します。底面はリング状に...

人気の記事