2018年10月8日月曜日

Hektor 135/4.5 分解

中玉にカビの生えた Hektor 135/4.5 を分解清掃。


先端のレンズユニットが長いヘリコイドにねじ込まれているので先端を捻ると2つに別れます。



ちょっとわかりにくいですが左下の白い点がカビ。

まず前玉側からはずそうとゴムでリングを押さえ緩めます。

取れました。が、このリングが前玉を固定しているのではないようです。シルバーのリングと、内側に細く黒いリングが見えます。

とりあえず絞りリングを外してみると、シルバーのリングも緩めれば取れそうに見えるのですが緩めようとしても回りません。

ここで前玉側は諦めて後玉から分解を試みます。後玉を止めているリングはカニ目で回せます。
後玉が外れました。ここで中玉のカビは後側だったのでこのままアルコールで拭き上げきれいになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

最新の記事

PWT インナーワイヤープライヤー

自転車に乗っているとブレーキ、シフターのワイヤーが伸びてきてブレーキの効きが悪くなる、変速がうまくいかなくなってきます。 最近は油圧ブレーキや電動シフターなんていうのも出てきていますが、高級ロード、MTB以外の普通のチャリンコにはまだまだ普及していません。 ワイヤーはボルトや...

人気の記事