2020年4月8日水曜日

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-3

PARKTOOLのふしぎな形をしたレンチを紹介します。

長男、次男と引き継いできたブリヂストンのクロスファイヤーキッズを三男が引き継ぐ年齢になりました。18インチの子供用自転車です。12インチのルイガノLGS-J12もそうですが、最近の自転車は頑丈なのか、最近の子供はそこまで自転車乗りまくらないのか、新しい自転車を買うほどボロボロでは無いのでオーバーホールしながら3人目に受け継いでいきます。

1年以上乗らずに雨ざらしなのでいろいろ交換していきたいのですが、まずはフロントブレーキが片当たりしているのでとりあえずセンターに合わせて乗れるようにします。

LGS-J12はTEKTROのブレーキで、軸にスパナ掛けの二面幅が切ってあり軸を回してセンター調整しましたが、この自転車のフロントブレーキは安物で二面幅がありません。代わりにバネがくるんと輪になっている場所にツメを引っ掛けて回す特殊レンチがPARKTOOLから発売されています。

上の画像がツメ部分です。ちなみに反対側は幅14のスパナとなっていて、スパナ溝の近くに小さな丸穴が開いていますが何に使うのを想定しているのかわかりません

このツメ部分をこんな感じでバネの輪に引っ掛けます

裏からツメが入っている部分を見るとこんな感じです。この状態でブレーキがセンターになるようクッと軸を回します。ブレーキは1本のボルトで止まっているので軸が締まっていても回ります。1本止めだとそのうちまたズレるのですが、何でこんな止め方なのでしょうね。。。

センター調整後、左右の隙間が同じくらいになりました。ブレーキが片当たりしているとスリスリ音が鳴るしペダルも重くなるので調整するとタイヤがスッキリ回るようになり気持ち良いです。

安い工具でこれ1本持っていると簡単に調整できるのでこのタイプのブレーキが付いた自転車を持っている人は買って損はないと思います。まあ、自分で工具を買って自転車いじりをしようと思う人はこんなブレーキが付いた自転車は持っていないかもしれませんが。

関連記事

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-4

子供の自転車、ルイガノLGS-J12の前輪ブレーキはTEKTROのキャリパーブレーキが付いています。ふと見てみると片当たりしていました ...

2020年3月21日土曜日

Permatex RT-8-A Rust Treatment ペダルの赤錆を黒錆化

子供用自転車ルイガノ LGS-J12 のペダルのシャフトが赤錆だらけになっていました。

もともと黒染め仕上げの鉄のシャフトなので、錆転換剤で赤錆を黒錆化してみます。以前 Bikke のハンドル回りに使った Permatex Rust Treatment のボトルがまだまだ残っているので使用してみます。量は一生分ありそうです。ジップロックに入れていたらなんか変な茶色が付いていました。

ボトルの説明には油分を落としてワイヤーブラシで錆を落としてから塗布、15分後に2回目を塗布と書いてありますが、面倒なのでいきなり塗布します。ティッシュに染み込ませて塗っていきます。体に悪そうな色をした液体なのでゴム手袋をしています。

15分経ったら2度塗りし、見てみると、、、

ん!?変化無し??赤錆が濡れて多少黒っぽく見える程度です。開封してから時間が経っているので賞味期限切れか?

ということで、失敗したかと思いペダルを取り付けました。5日後にふと見てみると、、、あれ、結構黒くなってきている!

ペダル取付から5日後まで見ていないのでどれくらいの期間で黒くなるかわかりませんが、時間が経てばこれほどの錆にも結構効果があるようです。

若干茶色さは残っているので新品とまではいきませんが、だいぶ見た目は良くなりました。

関連記事

Permatex RT-8-A Rust Treatment 錆転換剤で自転車の錆を撃退!?

雨ざらしのママチャリ、ブリヂストン Bikke です。ちなみに電動では無く子乗せは Yepp を付けてます。 ハンドルまわりなどに赤錆が出てきています。

ルイガノ LGS-J12 ハンドル固定ボルトの錆

前に Bikke の同じ箇所のボルトが錆びて、黒色のボルトだったので塗装しましたが、この自転車はハンドル回りがシルバーで、塗装は見栄えがイマイチになりそうです ...

ボルトのサビ対策 - ボルト頭をペイント

屋根の無い屋外で雨ざらしで保管しているBikkeのハンドル取り付け用のボルトが錆びてしまいました ...


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村

2020年3月20日金曜日

ルイガノ LGS-J12 ハンドル固定ボルトの錆

子供用自転車の LGS-J12 のハンドル固定ボルトの頭が錆びてきました。

前に Bikke の同じ箇所のボルトが錆びて、黒色のボルトだったので塗装しましたが、この自転車はハンドル回りがシルバーで、塗装は見栄えがイマイチになりそうです。

そこでステンレス製のボルトに交換することにしました。

ルイガノ LGS-J12 メタルリンクブレーキ化

バンドブレーキの音鳴りが

子供用に使っているルイガノLGS-J12。長男、次男から三男へと引き継がれくたくたになりながらも現役です。ついに後輪ブレーキから音鳴りがするようになり、キーキー言うようになってしまいました。

音鳴り解決のためにいろいろと調べてみました。

ブレーキの種類とメタルリンクブレーキ

バンドブレーキの音鳴りは、クリーニングしたりコンパウンドを少量垂らしたりすると一時的に音が鳴らなくなるようですが、根本解決は難しそうです。ブレーキ交換を検討しました。

バンドブレーキ交換の候補は下の4種類。

  1. 新品バンドブレーキに交換
  2. サーボブレーキ 音鳴りは無いようです
  3. ローラーブレーキ ハブに互換性が無い
  4. メタルリンクブレーキ ローラーブレーキに似た構造で既存ハブに取り付け可

ハブ交換必要なローラーブレーキは除外して、音鳴りがしないサーボブレーキかメタルリンクブレーキが良さそうですが、メタルリンクブレーキの放熱板の形状が面白く、メタルリンクブレーキに交換してみることに。

メタルリンクブレーキを買ってみた

アマゾンで買ってみました。値段は2千円台でバンドブレーキ、サーボブレーキに比べると高価ですが、それでも良心的な価格です。

中身の部品は、下の8点に取り扱い説明書が入っています。

  1. ブレーキ本体
  2. 放熱板
  3. 固定リング
  4. ブレーキボス
  5. 固定バンド
  6. 固定ナット
  7. ナイロンナット
  8. 六角ボルト

取り扱い説明書に取り付け方が詳しく記載されています。

2020年3月15日日曜日

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-4

子供の自転車、ルイガノLGS-J12の前輪ブレーキはTEKTROのキャリパーブレーキが付いています。ふと見てみると片当たりしていました。

センター調整しようと思うものの、ロードのキャリパーブレーキやマウンテンバイクのVブレーキのように調整ボルトが見当たりません。どうやらブレーキ固定用の軸を回して調整するしか無いようです。

よく見ると二面幅が切ってあり、ここでいい感じに角度調整するみたいで、このブレーキセンター調整用にPARKTOOLからオフセットブレーキレンチ OBW-4なる専用レンチが販売されているのでAmazonでポチってみました。

まあ、ただの薄口スパナなのですが、一般的なスパナが軸方向にオープンエンドとなっているのに対してこれは直角方向にオープンエンドになっています。なのでこんな感じで調整しやすくなっています。また、二面幅が10, 11, 12, 13mmと4つあります。今回のブレーキは13mmでしたがいろいろ種類があるのでしょう。

調整方法はかんたん。ぐっとセンターになるように回すだけです。無事センターになりいい感じです。

ブレーキ軸は1本止めなのでいくら強く固定しても回ってしまう構造なので、チョイチョイ調整必要なのですね。ぶっちゃけ、普通の薄口スパナで十分ですが、PARKTOOLの工具の中では安いし(板金打ち抜きなので安いのあたりまえですが)PARKTOOLのロゴがかっこいいのでまあ、持っていて損は無いでしょう。

関連記事

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-3

PARKTOOLのふしぎな形をしたレンチを紹介します。 ...

ルイガノ LGS-J12 シートポスト交換

以前に下の記事で革シート張りしたサドルですが、経年劣化でボロボロになってきました ...

ルイガノ LGS-J12 サドル張替え

子供用自転車のルイガノLGS-J12のサドルを張り替えてみました ...

ルイガノ LGS-J12 ハンドルグリップ交換

自作革製グリップがぼろぼろになってきた サドル、グリップに革張りをしていましたが...

2020年3月1日日曜日

ルイガノ LGS-MV1 ヘッドパーツのグリスアップ

前回ハブのグリスアップをしたLGS-MV1ですが、なんとなく他にベアリング使用している箇所としてヘッドパーツが気になったので開けてみることにしました。

まずはステムを抜きます。LGS-MV1はママチャリなどに使われている、ウスをボルトで引いて固定するタイプです。ここのボルトを緩めます。

2020年2月22日土曜日

Fuji ACE24 前輪パンク修理

子供用の自転車 Fuji ACE24 の前輪がパンクしたのでチューブ交換し修理しました。

必要なもの

  1. 交換用チューブ 24X1.0
  2. フロアポンプ
  3. 15mm めがねレンチ
  4. タイヤレバー

前輪ホイールを外す

前輪ホイールはクイックリリースではなく、ナットで止まっています。ナットの二面幅は15mmでした。めがねレンチでナットを緩めます。

ナットが取れました。ナットの下には座金も入っています。

タイヤを抜くためにキャリパーブレーキのレバーを上げてブレーキを広げます。

ホイールを引き抜いたところです。フォークをダンボールなどで受けるとフレームは自立しました。

チューブを交換する

まずタイヤレバーをビードに差し込みタイヤを外していきます。

片側一周外したところです。

バルブのナットも外しておきます。

チューブをタイヤとホイールの隙間より引き出し外します。

チューブが取れました。

リムやタイヤ裏側を見てパンクした原因(異物やバリなど)を探します。今回は特におかしなところはなかったのでそのまま新しいチューブを入れていきます。

チューブは一番安かった Panaracer の 24X1 を使いました。

バルブをホイールの穴に通します。

チューブに少し空気を入れるとこの後のチューブ入れが楽になります。バルブ通す前にやったほうがやりやすかったと思います。

タイヤをビード片側はホイールに入れ、もう片側を外した状態で、外した側のタイヤとホイールの間からチューブを入れていきます。

1周分入りました。

ビードをリム内側に入れていきます。

だんだんかたくなっていきますが頑張って手でビードを上げながら入れていきます。半分くらい入りました。

最後はぱっつんぱっつんになります。リムを傷つけないように両手の腹を利用してグッと入れるのがとても辛い、、、

と思いきや、意外とすんなり入りました。

タイヤを取り付けた状態です。

ここで、チューブがタイヤとホイールの間に噛み込むと空気を入れた際にパンクしてしまうので、タイヤとホイールの隙間からチューブが出ていないか1周×両側を目視で確認していきます。

問題なければフロアポンプで空気を入れます。

バルブナットとキャップを取り付けます。バルブが短めで、もともと付いていた長いバルブの方が好みです。

ホイールを取り付け完成

ホイールをフォークに取り付け、ナットを締めてブレーキレバーを元に戻したら完成です。ロードはタイヤが細いのでパンクがつきものですね。

関連記事

Bikke 前輪パンク修理 チューブ交換

しばらく使っていなかった自転車、ブリヂストンのBikkeですが、 久しぶりに子供を乗せて出かけようと思ったら前輪がパンクしていました。自分でチューブ交換してみた記録です ...

FUJI ACE24 スタンド取付

子供の自転車にFUJI ACE24を買いましたがスタンドが付いていないのでAmazonで購入。自分で付けてみました ...

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村

最新の記事

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-3

PARKTOOLのふしぎな形をしたレンチを紹介します。 長男、次男と引き継いできたブリヂストンのクロスファイヤーキッズを三男が引き継ぐ年齢になりました。18インチの子供用自転車です。12インチのルイガノLGS-J12もそうですが、最近の自転車は頑丈なのか、最近の子供はそこ...

人気の記事