投稿

Bloggerを始めよう!-初めてのブログ作成

イメージ
前回の記事でBloggerでブログを始めるメリット、デメリットなどについて書きました。今回は実際にBloggerでブログを作成する方法をご紹介します。 ブログを作成してみる ブラウザで https://www.blogger.com にアクセスして「ブログを作成」ボタンをクリックしましょう。 Googleアカウントにログイン Googleアカウントへのログインを促されるので、メールアドレスまたは電話番号、パスワードを入力してログインします。Googleアカウントを持っていない人は画像左下の「アカウントを作成」からGoogleアカウントを作成してください。 3ステップでブログ作成-ブログの名前などを決める ログインしたらまずブログの名前を入力します。 次にブログのURLを決めます。ブログのURLは、https://****.blogspot.com になります。独自ドメインで運用したい場合はブログ作成後にドメインの設定をします。(独自ドメインは別途有料サービスの契約などが必要です) 表示名を指定します。これはブログの筆者として表示される名前、ペンネームみたいなものですね。 ブログが作成されました! これでブログの作成は完了です。あっけないですね! 記事を書いてみる それでは、記事を書いてみましょう。画面右下の+マークのボタンをクリックするとエディタが開きます。 エディタの使い方 上にタイトル、下側に本文を書いていきます。ツールバーの一番左の鉛筆マークは<>を選ぶとHTMLのソースを編集できます。通常は鉛筆マークのまま書いていればよいでしょう。 その他はWordやExcelなどと似たような装飾に関するアイコンで直感的にわかるかと思います。 画像はアップロードする以外にGoogleフォトから選択することもできます。 一番右の設定アイコンでは、記事のURL名をカスタマイズできたり、検索エンジン用の説明等を記入できます。 記事を投稿する 内容を書いたら右上の紙ヒコーキボタンをクリックすれば記事が公開されます。 記事一覧に投稿が表示されました。 記事とブログトップページを表示する 記事

家族で登山 - 関西百名山 三嶽

イメージ
関西は標高の高い山が少なく、春、秋の登山に最適な山々がたくさんあります。兵庫県丹波市篠山の三嶽に行きました。大たわ峠から1時間ほどで山頂まで行け、なだらかな関西の山々がよく見えます。帰りは丹波篠山城跡を観光してきました。 コース 三嶽 / はせやん さんの活動データ | YAMAP / ヤマップ 大たわ駐車場 大たわ峠にはきれいに整備された駐車場がありました。どうやら道を挟んで反対側に「フォレストアドベンチャー・丹波ささやま」ができたことで、駐車場も整備されたのかなと思います。 駐車場は25~30台くらい停められそうですが、結構登山客も多く、フォレストアドベンチャー・丹波ささやまへ行く人もいるためそこそこ埋まっていました。 大たわ駐車場~山頂まで 駐車場の階段からすぐ登山開始です。 階段を登ると広場があり、そこからさらに階段を登っていきます。 いきなりガシガシ登ることになります。 階段が終わると、しばらくなだらかな道を登っていきます。木々に囲まれた道ですがまだ葉が出ていないので明るくて気持ちの良い道でした。 ちょうど中間点あたりでまた上りが急になり階段が始まります。長い階段を100mくらい登ることになります。 ところどころにスミレが咲いていたりぜんまいの芽がでていたりして春を感じます。 長い階段が終わると東側の展望がひらけ、ここで休憩します。 隣の小金ヶ嶽がよく見えます。 眼下には大たわ駐車場です。標高差は200m程度ですがかなり頑張った感はあります。 ここからは急な登りもなく、スイスイ歩いていきます。 山頂付近には小さな白い花をいくつもつけた木がたびたび見られます。後で調べ

Perixx PERIBOARD-805EUS エルゴノミクス キーボード レビュー

イメージ
家には自分の机など無く、食卓にノートPCを広げてブログを書いています。いちいちPCを持ってきて起動し、使い終わったら片付けています。いつも電源が入っていてすぐに使えるスマホでブログを書けたらと思ったりもしたのですが、なにせ文字入力が大変です。 前々から気になっていたスマホに接続できるキーボードを買ってみましたのでレビューしてみます。 Perixx PERIBOARD-805EUS エルゴノミクス キーボード キーボードをスマホに接続するには通常Bluetoothで接続するためBluetooth対応のキーボードを物色。いろいろありますが、Perixx PERIBOARD-805EUS エルゴノミクス キーボードという製品が目にとまりました。 コンパクトで持ち運びができる 左右が互いに並行でなく、腕に合わせた角度がついている(エルゴノミクスキーボードならでは!) ドイツデザインということで他のキーボードラインナップからもそれなりに信頼できそう ただし、USキー配列なので記号の位置が、このキーボードを買ってみました。 アマゾンから届いた キーボードは黒い小箱に入っていて思っていたより薄くて小さい印象です。隣はついでに買ったサンワダイレクトのスマホスタンドです。 中身を取り出すとこの薄さ。表面(というか、キーボードを開いたときの机に接触する面)はマット調の柔らかいビニールのような感触です。安っぽい感じはしないのですが、耐久性はどうでしょう? 開くとこのようにハの字になります。 キーはストロークの浅いパンタグラフ式。キー同士が離れています。薄型キーボードはだいたいこんな感じですね。 こちらはサンワサダイレクトのスマホスタンド 200-STN036。アルミ合金製でちょっと高級感があります。 スマホスタンドにスマホを載せてキーボードを置いたところです。スマホはiPhoneではなく、Androidで小米(シャオミ, Xiaomi)のRedmi Note 8 Pro という製品です。 Bluetoothでペアリング キーボードのペアリングは簡単です。キーボードは開くと勝手に電源が入ります。Androidの「設定」→「Bluetooth」でBluetoothをオンにすると利用可能なデバイスにPe

人気の投稿

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (1.取付編)

キッチン作業台DIY (4) ー 天板ステンレスシート貼り編