2020年5月15日金曜日

Cloudready のインストール ー DVD ドライブ SSD 換装によるデュアルブート環境の構築

Cloudready は1つのハードディスク (SSD) の中で Windows と共存できず、インストールの際にドライブ全体を上書きしてしまいます。そこで DVD ドライブを SSD に換装し、Windows用ドライブとは別のディスクに Cloudready をインストールすることでデュアルブートを実現しました。

Cloudready のインストール

USB メモリから Cloudready を起動し、タスクバー右下をクリックすると "Install OS" ボタンが見えます。このボタンをクリックします。

Cloudready Installer のウィンドウが現れます。迷わず INSTALL CLOUDREADY をクリック。

ハードドライブ全体を消します、と最後通牒のような警告が。ERASE HARD DRIVE AND INATALL CLOUDREADY と、押すのをためらうボタンが出現。あれ、ハードドライブ2個あるんですけど。このあと選択できるのかな、と思いドキドキしながらボタンをクリックして進みます。

インストール始まってます。なぬぅ!?どっちのドライブにインストールしてるの?もしかして Windows 上書きしてしまったか!?

しかし止める手段はもやは無く、電源切るなと書いてあるので待つしかありません。20分以内に終わるようです。

しばらく放置していたら電源消えてました。インストールおしまいです。なんだかこんなにあっさりとしていると思いませんでした。

さて、電源を入れて BIOS の起動オプションで DVDドライブを換装した方を選択してみると、、、、

起動した!USB からの起動で設定した言語、Wifiなどの設定は全く引き継がれないようでもう一度やり直しですが、普通に起動し「こんにちは。」の画面が現れました。

なぜ Windows のインストールされていないドライブに Cloudready がインストールされたのか不明です。インストーラーに空のドライブを見分けるロジックが入っているのかセカンダリディスクがあればそちらにインストールされるのか、いずれにしても結果オーライでめでたしめでたしでした。

ちょっと使用してみた感想

USB からの起動と違いとてもサクサク動きます。Chromeブラウザ (Chromium) も Windows とほぼ変わらない使用感で Youtube も問題なく見れます。

1点だけ気になるのが、この Blogger 記事入力中にたまにカーソルが変な位置に飛びます。うーん、これは意外とダメージ大きいですね。Blogger だけなのか、他も同じなのか使ってみながら確認していこうと思います。

Windows に比べるとソフトが格段に少なそうですが、ブラウザメインで割り切って使うには良さそうで、しばらく Cloudready で過ごしてみたいと思います。

関連記事

CloudReady を使ってみる

自分の PC に後からインストールできる ChromiumOS の派生として CloudReady があることを知り、使ってみました ...

DVD ドライブを SSD に換装

HP Pavilion dv6 の DVD ドライブを SSD 化してここに Cloudready をインストールすることを目論みます ...

Cloudready で Control と Caps Lock キーの入れ替え

Cloudready で Control キーと Caps Lock キーを入れ替える方法を紹介します ...

Cloudready で Linux アプリを使う

Chrome OS で Linux が使えるらしいことを知り、 Cloudready も基本 Chrome OS と同じだとおもうのでやってみました ...

0 件のコメント:

コメントを投稿

最新の記事

IKEAのゴミ箱KNODDに車輪を付ける

キッチンのゴミ箱にIKEAのKNODDというスチール缶のゴミ箱を使っています。色、デザインが可愛らしいですが場所をとるため台の下に収納しています。使うときに引き出すのですが、床を摺るしやりにくいのでホームセンターで車輪を買ってきて付けてみました。 裏返します。底面はリング状に...

人気の記事