投稿

3月, 2020の投稿を表示しています

Permatex RT-8-A Rust Treatment ペダルの赤錆を黒錆化

イメージ
子供用自転車ルイガノ LGS-J12 のペダルのシャフトが赤錆だらけになっていました。 もともと黒染め仕上げの鉄のシャフトなので、錆転換剤で赤錆を黒錆化してみます。以前 Bikke のハンドル回りに使った Permatex Rust Treatment のボトルがまだまだ残っているので使用してみます。量は一生分ありそうです。ジップロックに入れていたらなんか変な茶色が付いていました。 ボトルの説明には油分を落としてワイヤーブラシで錆を落としてから塗布、15分後に2回目を塗布と書いてありますが、面倒なのでいきなり塗布します。ティッシュに染み込ませて塗っていきます。体に悪そうな色をした液体なのでゴム手袋をしています。 15分経ったら2度塗りし、見てみると、、、 ん!?変化無し??赤錆が濡れて多少黒っぽく見える程度です。開封してから時間が経っているので賞味期限切れか? ということで、失敗したかと思いペダルを取り付けました。5日後にふと見てみると、、、あれ、結構黒くなってきている! ペダル取付から5日後まで見ていないのでどれくらいの期間で黒くなるかわかりませんが、時間が経てばこれほどの錆にも結構効果があるようです。 若干茶色さは残っているので新品とまではいきませんが、だいぶ見た目は良くなりました。 にほんブログ村 関連記事 Permatex RT-8-A Rust Treatment 錆転換剤で自転車の錆を撃退!? 雨ざらしのママチャリ、ブリヂストン Bikke です。ちなみに電動では無く子乗せは Yepp を付けてます。 ハンドルまわりなどに赤錆が出てきています。 ルイガノ LGS-J12 ハンドル固定ボルトの錆 前に Bikke の同じ箇所のボルトが錆びて、黒色のボルトだったので塗装しましたが、この自転車はハンドル回りがシルバーで、塗装は見栄えがイマイチになりそうです ... ボルトのサビ対策 - ボルト頭をペイント 屋根の無い屋外で雨ざらしで保管しているBikkeのハンドル取り付け用のボルトが錆びてしまいました ...

ルイガノ LGS-J12 ハンドル固定ボルトの錆

イメージ
子供用自転車の LGS-J12 のハンドル固定ボルトの頭が錆びてきました。 前に Bikke の同じ箇所のボルトが錆びて、黒色のボルトだったので塗装しましたが、この自転車はハンドル回りがシルバーで、塗装は見栄えがイマイチになりそうです。 そこでステンレス製のボルトに交換することにしました。

ルイガノ LGS-J12 メタルリンクブレーキ化

イメージ
バンドブレーキの音鳴りが 子供用に使っているルイガノLGS-J12。長男、次男から三男へと引き継がれくたくたになりながらも現役です。ついに後輪ブレーキから音鳴りがするようになり、キーキー言うようになってしまいました。 音鳴り解決のためにいろいろと調べてみました。 ブレーキの種類とメタルリンクブレーキ バンドブレーキの音鳴りは、クリーニングしたりコンパウンドを少量垂らしたりすると一時的に音が鳴らなくなるようですが、根本解決は難しそうです。ブレーキ交換を検討しました。 バンドブレーキ交換の候補は下の4種類。 新品バンドブレーキに交換 サーボブレーキ 音鳴りは無いようです ローラーブレーキ ハブに互換性が無い メタルリンクブレーキ ローラーブレーキに似た構造で既存ハブに取り付け可 ハブ交換必要なローラーブレーキは除外して、音鳴りがしないサーボブレーキかメタルリンクブレーキが良さそうですが、メタルリンクブレーキの放熱板の形状が面白く、メタルリンクブレーキに交換してみることに。 メタルリンクブレーキを買ってみた アマゾンで買ってみました。値段は2千円台でバンドブレーキ、サーボブレーキに比べると高価ですが、それでも良心的な価格です。 中身の部品は、下の8点に取り扱い説明書が入っています。 ブレーキ本体 放熱板 固定リング ブレーキボス 固定バンド 固定ナット ナイロンナット 六角ボルト 取り扱い説明書に取り付け方が詳しく記載されています。

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-4

イメージ
子供の自転車、ルイガノLGS-J12の前輪ブレーキはTEKTROのキャリパーブレーキが付いています。ふと見てみると片当たりしていました。 センター調整しようと思うものの、ロードのキャリパーブレーキやマウンテンバイクのVブレーキのように調整ボルトが見当たりません。どうやらブレーキ固定用の軸を回して調整するしか無いようです。 よく見ると二面幅が切ってあり、ここでいい感じに角度調整するみたいで、このブレーキセンター調整用にPARKTOOLからオフセットブレーキレンチ OBW-4なる専用レンチが販売されているのでAmazonでポチってみました。 まあ、ただの薄口スパナなのですが、一般的なスパナが軸方向にオープンエンドとなっているのに対してこれは直角方向にオープンエンドになっています。なのでこんな感じで調整しやすくなっています。また、二面幅が10, 11, 12, 13mmと4つあります。今回のブレーキは13mmでしたがいろいろ種類があるのでしょう。 調整方法はかんたん。ぐっとセンターになるように回すだけです。無事センターになりいい感じです。 ブレーキ軸は1本止めなのでいくら強く固定しても回ってしまう構造なので、チョイチョイ調整必要なのですね。ぶっちゃけ、普通の薄口スパナで十分ですが、PARKTOOLの工具の中では安いし(板金打ち抜きなので安いのあたりまえですが)PARKTOOLのロゴがかっこいいのでまあ、持っていて損は無いでしょう。 にほんブログ村 関連記事 PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-3 PARKTOOLのふしぎな形をしたレンチを紹介します。 ... ルイガノ LGS-J12 シートポスト交換 以前に下の記事で革シート張りしたサドルですが、経年劣化でボロボロになってきました ... ルイガノ LGS-J12 サドル張替え 子供用自転車のルイガノLGS-J12のサドルを張り替えてみました ... ルイガノ LGS-J12 ハンドルグリップ交換 自作革製グリップがぼろぼろになってきた サドル、グリップに革張りをしていましたが...

ルイガノ LGS-MV1 ヘッドパーツのグリスアップ

イメージ
前回ハブのグリスアップをしたLGS-MV1ですが、なんとなく他にベアリング使用している箇所としてヘッドパーツが気になったので開けてみることにしました。 まずはステムを抜きます。LGS-MV1はママチャリなどに使われている、ウスをボルトで引いて固定するタイプです。ここのボルトを緩めます。

このブログの人気の投稿

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (1.取付編)

キッチン作業台DIY (4) ー 天板ステンレスシート貼り編

Cloudready で Linux アプリを使う

激安GPSサイコン XOSS G レビュー (3.試走編)