2020年5月24日日曜日

Cloudready で Linux アプリを使う

SSD からの起動で快適に使えるようになった Cloudready ですが、アプリはやはり Windows や Linux のネイティブアプリに比べるとブラウザでの操作がいまいち遅かったり、広告が出たりと微妙です。そもそも種類も少ないです。

Chrome OS で Linux が使えるらしいことを知り、 Cloudready も基本 Chrome OS と同じだとおもうのでやってみました。OS 上で OS を動かすというのがよく理解できません。Chrome OS は実は Linux ベースのOSで、普段隠されている Linux の機能を使うのか、仮想マシン上で Linux を走らせるのかどちらなのでしょう。

BIOSの設定

Linux を使えるようにするには、設定画面で「Linux(ベータ版)」が表示されていれば良いみたいですが、いくら探しても表示されていません。どうやら BIOS 「Virtualization Technology」という項目が有効になっていないといけないようです。

再起動し F10 連打で BIOS設定画面を出します。「System Configuration」の中に「Virtualization Technology」がありました。「Enabled」に変更し保存、再起動します。

BIOSの設定

Linux機能を有効にする

Cloudreadyを起動して再度設定画面を開くと、左側の設定項目の一番下にありました「Linux(ベータ版)」

「Linux(ベータ版)」を選択すると、「ご使用の Chrome デバイスで Linux のツール、エディタ、IDE を実行します」とあります。「オンにする」をクリックします。

Chrome デバイスに Linux(ベータ版) をセットアップのウィンドウが現れました。「インストール」をクリック。

インストールが始まりました。

気がつくとターミナルウィンドウが現れました。インストール完了、とか、何もなく突然この状態です。プロンプトには「Googleのユーザー名」@penguin と表示されています。

Cloudready のアプリ選択画面に「Linuxアプリ」が表示されるようになります。これをクリックするとターミナルが立ち上がります。

Linux アプリのインストール

とりあえず、Chrome ストアの画像編集ソフトに不満があるので Gimp を入れてみます。Chrome ストアにもいくつか Gimp があるのですが、ウェブブラウザ経由で使い勝手悪く、有料だったりしていまいちなのです。アプリ管理は Debian や Ubuntu などで採用している APT が使えるようです。

ターミナルで apt search "^gimp$" してみるとありました。

apt-get install gimpでインストールしてみます。Permission denied となりスーパーユーザー権限が必要みたいです。とりあえず、sudo apt-get install gimpとしてみます。パスワードを聞かれることもなくインストールが始まりました。

インストールが終わるとターミナルから起動できますが、Cloudready のアプリ選択画面にも Gimp のアイコンが現れるので、ここからも他のアプリと同様に起動できます。

起動してみると普通にネイティブアプリのように使え感激です。しかし日本語入力が使えないようです。ターミナルでは使えるのでアプリごとの問題のように思えます。ファイルの読み書きに関しては、Cloudreadyのファイルマネージャに「Linuxファイル」という項目が現れ、これが Linux 側からホームディレクトリとして見えているようです。なので Cloudready と Linux のファイルシステムは相互にシームレスに見えているわけではなく、両者の間でファイルを移動しながら使うことになります。ファイルマネージャから Gimp へのドラッグ&ドロップも使えず、ちょっとここは面倒です。

感想

Chrome ストアのアプリは少なく、かつブラウザ経由で操作になるので使い勝手がいまいちだったりするので Linux アプリがネイティブアプリのように使えるのはかなり便利です。しかしそれでも日本語入力やファイルやりとりなどは課題があります。結局 Chrome OS 系ではなく Linux 入れればいいんじゃね?になりかねないですが Cloudready の起動の速さやウェブブラウジングのみではかなり快適なので一長一短ですね。

関連記事

CloudReady を使ってみる

自分の PC に後からインストールできる ChromiumOS の派生として CloudReady があることを知り、使ってみました ...

DVD ドライブを SSD に換装

HP Pavilion dv6 の DVD ドライブを SSD 化してここに Cloudready をインストールすることを目論みます ...

Cloudready のインストール

DVD ドライブを SSD に換装し、Windows用ドライブとは別のディスクに Cloudready をインストールすることでデュアルブートを実現しました ...

Cloudready で Control と Caps Lock キーの入れ替え

Cloudready で Control キーと Caps Lock キーを入れ替える方法を紹介します ...

2020年5月16日土曜日

Cloudready で Control と Caps Lock キーの入れ替え

Cloudready で Control キーと Caps Lock キーを入れ替える方法を紹介します。

Cloudready をノート PC にインストールして快適に使えるようになりました。昔 Linux や Windows で Emacs を使っていたこともあり、Control キーを多用するため Caps Lock キーと入れ替えていました。Windows ではレジストリ書き換え、Linux では .Xmodmap で設定します。Cloudready ではどうやるのか、そもそもできるのか?疑問でしたが、結論から言うと Windows や Linux よりも非常にかんたんにできます。

2020年5月15日金曜日

Cloudready のインストール ー DVD ドライブ SSD 換装によるデュアルブート環境の構築

Cloudready は1つのハードディスク (SSD) の中で Windows と共存できず、インストールの際にドライブ全体を上書きしてしまいます。そこで DVD ドライブを SSD に換装し、Windows用ドライブとは別のディスクに Cloudready をインストールすることでデュアルブートを実現しました。

Cloudready のインストール

USB メモリから Cloudready を起動し、タスクバー右下をクリックすると "Install OS" ボタンが見えます。このボタンをクリックします。

DVD ドライブを SSD に換装

Cloudready を USB メモリから起動し使用してみましたが、動作が遅く実用的でないためハードドライブにインストールしてみることにしました。しかしながら Cloudready は1つのドライブ内に Windows とデュアルブートにできないようです。

そこで、最近使用する機会の減った DVD ドライブを SSD に換装する部品があることを知り、HP Pavilion dv6 の DVD ドライブを SSD 化してここに Cloudready をインストールすることを目論みます。まずは SSD 化の記事を書きます。

2020年5月13日水曜日

CloudReady を使ってみる

Windows10アップグレードしてから起動が遅い問題がありました。解決したのですが、最近の自宅PCの使い方を振り返ってみるとネット、ブログ、Youtubeと大半がブラウザ見てるだけです。Windowsじゃなくても良いのでは?と思い、軽い OS として Chromebook が有名ですが、自分の PC に後からインストールできる ChromiumOS の派生として CloudReady があることを知り、使ってみました。



2020年5月4日月曜日

Lintalistの便利な使い方 - HTMLタグを選択し選択範囲をタグで囲む

Snippet の中で動的にタグを選びたい

前回の記事 — Lintalistの便利な使い方 - 選択範囲をHTMLタグで囲む — で選択範囲をHTMLタグで囲むやり方を紹介しました。 いろいろなタグを登録していけば便利なのですが、例えば h1, h2, h3,,, など似たタグをたくさん登録すると選択ウィンドウで探すのが大変です。

そこで、Snippet の中で動的にタグを選択できるやり方を考えてみました。

Amazon basics のサンシェード

Amazon basics のサンシェードを買ってみた

夏になるにつれて駐車中に車内の気温が高くなってきます。フロントガラスに銀マットのようなサンシェードを使っているのですが、畳んでもそれなりの大きさで何気に置き場所に困ります。

2020年4月30日木曜日

Panaracer ACA-2 で ギュット・ステージ・22のバルブを米式に変換

フロアポンプのポンプヘッドを米式、仏式両対応の airbone に換えました。Bikke、クロスファイヤーキッズと英式バルブを米式に変換アダプターを使って換えていきましたが、米式バルブ最後の1台、ギュット・ステージ・22のバルブも Panaracer ACA-2 を使って米式に変更します。

Panaracer の米式バルブ変換アダプター ACA-2 です。ゲージ無しの ACA-2 は 2 個目、ゲージ有りの ACA-2-G は1個、合計 3 個も購入しています。

2020年4月29日水曜日

Lintalistの便利な使い方 - 選択範囲をHTMLタグで囲む

Bloggerの記事作成画面で p タグが消える

Bloggerでの記事編集は、「作成」と「HTML」2つのモードが選べます。いちいちタグを書くのが面倒なので、できれば「作成」モードで書いていきたいのですが、困ったことに普通に書いたテキストはタグが付かない仕様です。それだけならまあ我慢できるのですが、問題は「HTML」モードなどで p タグを付けた後に「作成」モードで編集すると p タグを全て消してしまい意図しない表示の乱れが起こったりします。

これが嫌で必ずHTMLモードで編集するようになりました。ただし、タグ付けは面倒でエディタを使い、Atom の Markdown 記法で書いて HTML に変換コピーし貼り付けるなど試していました。しかし最終的に画像を入れるのは Blogger の記事編集でやる必要があり、エディタと Blogger の使い分けが面倒です。

Windows10 起動が遅い問題の解決法 - Windowsロゴマーク後にブラックスクリーン問題

HP Pavilion dv6 というノートPCを使用しています。2012年頃に購入した古いPCで、もともとWindows7だったものをWindows8、Windows10とアップグレードして使ってきました。

Windows10化した際に電源を入れてから起動が遅くなり、ストレスを感じながらも使っていましたが解決できたので記事を書いておきます。

2020年4月28日火曜日

クロスファイヤーキッズ フロントブレーキ交換 TEKTRO 810A

子供用自転車クロスファイヤーキッズのフロントブレーキが錆びてきたのでブレーキ一式を交換しました。

サビサビのフロントブレーキです。このブレーキを外していきます。

2020年4月27日月曜日

米式/仏式両対応ポンプヘッド airbone クイックポンプヘッド

我が家にはママチャリ、子供用自転車、ロードバイク、ミニベロなどたくさん自転車があってタイヤのチューブに空気を入れるバルブも日本で一般的な英式、車やマウンテンバイクに使う米式、ロードバイクの仏式と3種類のバルブ全てが使われています。

空気入れはアメリカのウォルマートで買ったBellというメーカーの安い空気入れを使っています。

このポンプヘッドは米式、仏式両方に対応していますが、いちいちポンプヘッドをバラして中のゴムを組み替えなければいけません。

2020年4月26日日曜日

クロスファイヤーキッズ ドロヨケ取り外し

クロスファイヤーキッズを再生させるためいろいろ部品交換しています。錆びたボルト、ブレーキ、グリップなど交換して全体がこんな状態です。

ドロヨケは青いプラスチックですが、かなり白化してボロボロになっています。前輪はこんな感じです。

クロスファイヤーキッズ ブレーキレバー交換 TEKTRO JL530C-RS

クロスファイヤーキッズのホーバーホールの一環として、錆びついたブレーキレバーを交換しました。ハンドルバーの径がΦ19mmと子供用の細い径で、Φ22.2mmのブレーキレバーはたくさん種類があるのですが、 Φ19mm は TEKTRO の JL530C-RS くらいしか選択肢がありませんでした。

もともと付いているブレーキレバーです。

2020年4月22日水曜日

パナレーサー エアチェックアダプター ACA-2-G

以前 Bikke にパナレーサーのエアチェックアダプター ACA-2 を付けて英式バルブを米式に変えてみましたが、これのエアゲージ付き ACA-2-G を子供用自転車のクロスファイヤーキッズに付けてみました。

エアゲージ分お値段高めですが、1,000円もしないです。

2020年4月19日日曜日

クロスファイヤーキッズ メタルリンクブレーキ化

子供用自転車のクロスファイヤーキッズ。ブレーキがキーキー音がするのでバンドブレーキからメタルリンクブレーキへ交換しました。

ブレーキ交換前の自転車です。

音鳴りのするバンドブレーキ部分です。ワイヤーが変な方向に曲がっていますが、見た目は特に悪そうな感じはしません。

ダイアコンペのメタルリンクブレーキです。この前ルイガノ LGS-12をメタルリンクブレーキ化し、今回Amazonで2回目の購入です。前回は説明書付きでしたが、今回は部品のみでした。短い期間でメタルリンクブレーキを2個も個人で購入する人は珍しいと思うので、2回目と分かって説明書省略でしょうか。。。

2020年4月15日水曜日

クロスファイヤーキッズ 錆びたボルトを交換

クロスファイヤーキッズの錆びたボルトをステンレスに交換しました。

外で雨ざらしになっていたので各部錆が出てきています。ペダルは交換しましたがカゴ、チェーンカバー、ハンドルクランプ部のボルトがサビサビです。

2020年4月13日月曜日

クロスファイヤーキッズ ペダル交換 MKS MT-FT

クロスファイヤーキッズのペダル軸がサビサビなのでペダル交換します。

購入したペダルはMKSのMT-FTという千円くらいの普通のペダルです。子供用のペダルは2,3種類しか選択肢が無く、作りも良くなさそうなのでMKSのこのペダルにしてみました。

写真左がペダルで、左右色違いプリントの袋に入っていました。ペダルレンチはホーザーンのごつい鋳物のレンチを愛用しています。他のメーカーがだいたい板金カットか丸パイプを潰したようなレンチを作っているのに対して、この鋳物は厚みと重量感があり安心して力をかけられます。右のグリスはコパスリップです。ネジ山がかじると次に外すのが大変なのでネジ山に塗っておきます。

2020年4月11日土曜日

自転車通勤で桜

コロナウィルスで外出自粛、会社も在宅勤務などで出社率を減らしています。今年は桜を見に行けないので通勤途中の自転車に乗りながら少し写真を撮ってみました。

夜の2枚は Xiaomi Redmi Note 8 Pro という2万円台の安物スマホで撮ったものですが最近のスマホは夜景も綺麗に撮れますね。

この日がほぼ満開でしたが一日仕事を休み、次の日にはもう散り始めていました

ブリヂストン クロスファイヤーキッズ オーバーホール計画

3人目の子供が乗るようになったブリヂストンのクロスファイヤーキッズです。リム径18インチの子供用自転車で、鉄フレームで頑丈です。

長い間雨ざらしになっていたので各部錆びたりしています。

一通りメンテと部品交換をしてそれなりの状態にしていきたいので何をするか計画したいと思います。

2020年4月10日金曜日

PWT インナーワイヤープライヤー

自転車に乗っているとブレーキ、シフターのワイヤーが伸びてきてブレーキの効きが悪くなる、変速がうまくいかなくなってきます。

最近は油圧ブレーキや電動シフターなんていうのも出てきていますが、高級ロード、MTB以外の普通のチャリンコにはまだまだ普及していません。

ワイヤーはボルトやナットで挟んで締めているだけなのでボルトを緩めてペンチとかで引っ張ればよいのですが、やってみるとなかなかうまく引っ張れなかったり、引いたままボルトを締めるのに難儀します。

そこでこの「ワイヤーを引っ張る」だけの専用工具が売られています。

Parktoolを始めとした様々なメーカーから同じような形をしたものが売られていますが、PWTという安くてそれなりに品質も良さそうなメーカーのものを購入してみました。

外観です。

2020年4月8日水曜日

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-3

PARKTOOLのふしぎな形をしたレンチを紹介します。

長男、次男と引き継いできたブリヂストンのクロスファイヤーキッズを三男が引き継ぐ年齢になりました。18インチの子供用自転車です。12インチのルイガノLGS-J12もそうですが、最近の自転車は頑丈なのか、最近の子供はそこまで自転車乗りまくらないのか、新しい自転車を買うほどボロボロでは無いのでオーバーホールしながら3人目に受け継いでいきます。

1年以上乗らずに雨ざらしなのでいろいろ交換していきたいのですが、まずはフロントブレーキが片当たりしているのでとりあえずセンターに合わせて乗れるようにします。

LGS-J12はTEKTROのブレーキで、軸にスパナ掛けの二面幅が切ってあり軸を回してセンター調整しましたが、この自転車のフロントブレーキは安物で二面幅がありません。代わりにバネがくるんと輪になっている場所にツメを引っ掛けて回す特殊レンチがPARKTOOLから発売されています。

上の画像がツメ部分です。ちなみに反対側は幅14のスパナとなっていて、スパナ溝の近くに小さな丸穴が開いていますが何に使うのを想定しているのかわかりません

このツメ部分をこんな感じでバネの輪に引っ掛けます

裏からツメが入っている部分を見るとこんな感じです。この状態でブレーキがセンターになるようクッと軸を回します。ブレーキは1本のボルトで止まっているので軸が締まっていても回ります。1本止めだとそのうちまたズレるのですが、何でこんな止め方なのでしょうね。。。

センター調整後、左右の隙間が同じくらいになりました。ブレーキが片当たりしているとスリスリ音が鳴るしペダルも重くなるので調整するとタイヤがスッキリ回るようになり気持ち良いです。

安い工具でこれ1本持っていると簡単に調整できるのでこのタイプのブレーキが付いた自転車を持っている人は買って損はないと思います。まあ、自分で工具を買って自転車いじりをしようと思う人はこんなブレーキが付いた自転車は持っていないかもしれませんが。

関連記事

PARKTOOL オフセットブレーキレンチ OBW-4

子供の自転車、ルイガノLGS-J12の前輪ブレーキはTEKTROのキャリパーブレーキが付いています。ふと見てみると片当たりしていました ...

最新の記事

Cloudready で Linux アプリを使う

SSD からの起動で快適に使えるようになった Cloudready ですが、アプリはやはり Windows や Linux のネイティブアプリに比べるとブラウザでの操作がいまいち遅かったり、広告が出たりと微妙です。そもそも種類も少ないです。 Chrome OS で Lin...

人気の記事